冷え性改善で治る100症例 ~胃腸(消化器)~ | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

冷え性改善で治る100症例 ~胃腸(消化器)~

便秘、腹痛、吐き気など、胃腸のお悩みを抱える方は多いもの。冷えを改善して脾胃、(小腸)、(大腸)、肝(胆)のはたらきを高めることで辛い症状も改善します。

慢性便秘

・冷え性からくる便秘(腹筋が弱いタイプ)
冷え性だと腸の筋肉に十分な血液が行き届かないので、大腸そのものの動きが悪くなります。ヨーグルトや整腸剤で調えても、また腹筋運動や腸のマッサージをしても改善されないことがよくあります。頑固な慢性便秘の方に多くみられるタイプです。その場合は温めて血の流れを良くすることが大切で、筋肉に栄養を行き渡らせ、腸に力をつけることで改善されます。便秘薬を飲んでも、すっきりしないとか、便秘薬でお腹が痛くなってしまう、下痢をしてしまう方も、冷えている可能性が高いと考えられます。

頑固な便秘症の場合は、お薬に頼ることも必要になりますが、ビサコジルやセンナの葉、ダイオウなど腸に刺激を与える薬は、常用すると腸が冷えて、量を多くしないと効かなくなります。便秘薬の選び方と冷え性改善を見直しましょう。
 
〈コラム〉頑固な便秘を治したい!
〈コラム〉冷えている人ほど便秘が頑固
(お客様の症例)冷えているお腹を漢方で温めたら、お通じが安定!
 
・ストレスからくる便秘
大腸の蠕動運動は副交感神経の働きでなされています。ストレスは交感神経を優位にさせ副交感神経の働きを低下させます。更に腸内の善玉菌を減少させるので、その結果大腸の働きを悪くします。ストレスからくる便秘の方は、血流も悪く冷えもあります。快適なお通じの為に、身体を温めてリラックスを心がけましょう。
 
・食事の偏りからくる便秘
便秘解消のためには、まず食事の内容を見直したいところです。最も多い問題は食物繊維の不足です。食物繊維は、便を軟らかくボリュームを増やして腸の蠕動運動を活発にします。また緑黄色野菜やヨーグルトなどの乳酸菌には、腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあります。なるべく食物繊維を多く含む野菜・海藻・きのこ、乳製品などを選んで、意識的に食事に取り入れるようにしましょう。納豆やオクラ、ヤマイモなどヌルヌルした食品や油で腸の滑りをよくすることも効果的です。
ダイエットなどで食事の量を減らしたり、反対に暴飲暴食すると便秘しやすくなります。
水分は適量を摂ったほうがいいのですが、冷たい飲み物の摂りすぎは腸を冷やしてしまいますので、温かい飲み物のほうがよいでしょう。
 
・生活時間の不規則からくる便秘
食べ物を食べて、胃の中に食物が入ると、大腸の運動がおこります。腸の運動が起こることで、腸の中の内容物が肛門の方に押し出されるようになります。1日に数回おこりますが、特に朝起きた直後や、朝食後に強い腸の蠕動(ぜんどう)運動が起こります。毎朝の決まった時間のお通じが安定するために、毎日同じ時間に食事をすること、同じ時間にトイレにいくようにして、リズムを整えるようにしましょう。

あまり食べられない(もたれやすい)

胃の消化が遅く、飲食したものが胃の中にいつまでもとどまっていると、「胃もたれ」という不快感を感じます。一時的な食べすぎ、飲みすぎでももたれますが、普段からあまり食べられない(胃もたれする)人は、消化する力が落ちています。
原因としては心理的なストレス、また脾胃虚といって胃の働きの低下があります。どちらも冷えを伴っていますので、温めて血行不良を改善し副交感神経を活発にするといいでしょう。

〈コラム〉胃腸と冷えとの関わり&お客様の声
〈コラム〉胃弱の冷え性が、冷え取り漢方で改善へ 
〈コラム〉夏は胃腸の冷えに要注意!

食べると眠くなる

1つめの原因は脾胃の働きの低下です。つまり消化力、エネルギーを作り出す力が低下しているのです。エネルギーを作る力が弱いので=冷え性といってもいいでしょう。食事をすると消化をするために胃に血液が集まりますが、それだけ脳への血流が減少します。もともと冷え性で血液の循環が悪いと、脳への血流低下が大きくなるので、眠くなってくるのです。

2つめの原因は糖尿病からくる血糖値の不安定です。膵臓(すいぞう)が疲弊して、インシュリンのコントロールがきかなくなると、低血糖や高血糖で眠くなる場合もあります。

食べると眠くなるのは、大半は脾胃の働きの低下(=冷え性)からきていますが、隠れ糖尿病の場合もありますので一度チェックしてみましょう。

食べると寒くなる

食後に身体が温まる人は多いのですが、寒くなる人もいます。冷え性で血液の循環が悪い人は、食後に血液が胃に集まってしまうために、全身を流れる血液が減る為に寒くなるのです。冷え性の自己判断のひとつにもなります。

胃が痛くなる-胃炎、胃潰瘍

胃液は、強い酸で食べ物を消化する胃酸と、タンパク質を分解する消化酵素のペプシン、粘膜を保護する粘液でできています。空腹時の胃の痛みは、多く出すぎた胃酸が胃の粘膜を傷つけることで起こります。ストレスや食生活が胃酸過多の主な原因で、症状が進むと胃炎や胃潰瘍などにつながります。
 
食後の胃痛は、胃の働きがよくないために起きたり、胃潰瘍のために起こる場合が多いようです。
急性胃炎は胃の粘膜の炎症であり、日常的に起こりやすい症状です。
慢性胃炎は、胃に刺激が繰り返し加わることで慢性的に炎症を起こしている状態です。
内視鏡で検査しても異常がないのに、胃に違和感や痛みなどがある病態を神経性胃炎と言います。
胃潰瘍は、胃酸が胃粘膜まで消化してしまう症状で、胃壁は傷つき、ただれた状態です。ピロリ菌の出す毒素やアンモニアが胃粘膜の表面の細胞を破壊し、胃痛の原因になることもあります。
 
うつで胃痛を訴えることもあります。胃酸はアセチルコリン、ガストリン、ヒスタミンの指令により分泌されています。ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、胃酸の分泌が増え、一方胃への血流が不足するために胃粘膜の働きが低下して、胃痛を引き起こします。

冷え性は血流不足状態であり、自律神経の乱れを引き起こしやすくします。炎症がなければ、日頃から冷えを改善されたほうがよいでしょう。

吐き気、ムカムカする

もともと胃腸虚弱で消化力が弱いと水毒が胃にたまり、それが吐き気、ムカムカになります。漢方では胃腸の働きを向上させ水毒を捌く生薬(人参、チンピ、タイソウ、茯苓、半夏、白朮、生姜など)で整えていきます。胃が弱いと消化吸収、エネルギーを産出する力が弱くなるために、冷え性体質になります。
一方自律神経の乱れにより脾胃の働きが乱れるケースがあります。肝の乱れが脾胃の働きを剋してしまうためです。春になって胃の調子が悪くなる場合は肝臓をいたわることが大切で、ストレス解消にも努めましょう。ほおっておくと「めまい」をおこすようになります。何れも冷え性を改善して胃腸を整え、自律神経も整えることが大切です。
  〈コラム〉春に生じる胃のムカツキは?

逆流性食道炎

胃酸と胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を、「逆流性食道炎」といいます。食道には、胃酸に対する防御機能がないため、繰り返し逆流していると炎症を起こし、粘膜にただれや潰瘍を生じたりします。
原因としては①胃と食道の間の筋肉の低下②胃酸過多があります。①の筋肉が低下する原因には加齢と甘いものの食べ過ぎがあり、②の胃酸過多の原因にはストレスとアルコールがあります。胃弱の冷え性タイプに多いと感じていますが、冷えて血行不良状態では、筋肉への血液の巡りが悪くなり、ストレスも感じやすくなります。

逆流性食道炎の主な症状は胸やけです。リラックスを心がけ、胃の働きを正常にして、食後1~2時間は、横にならない方がいいでしょう。

お腹が痛い

腹痛の原因は、数多くありますが、原因不明の腹痛には、冷えが関係していることがよくあります。お腹が痛い時に、入浴したりカイロで温めて気持ちよかったら、身体が要求している証拠。原因不明の腹痛で日常的に痛む場合は、冷たいものを控えて、お腹を積極的温めるように」しましょう。

お腹が張る

お腹の張りは、ガスが溜まっている状態です。原因として①便がすっきりでていなくて、異常発酵している ②ストレスによる気の滞り ③冷えによる腸の機能低下があります。何れも冷えを改善する(+漢方)ことで、解消されることが多くあります。

下痢をしやすい

下痢の原因には、①食あたり、水あたりなど良くないものを食べたために排泄しようと下痢をさせる症状。②消化不良で下痢③ストレスや冷えで下痢④風邪や腸の病気で下痢する場合があります。①と②は食べ物からきていますが、③と④は身体が原因していますので体質改善をするといいのです。
慢性の下痢を改善するには漢方が役立ちますが、冷えを改善することで、さらに調子が上がっていくケースが増えています。
尚、お腹がかなりデリケートになっている時は、わずかなことでゆるくなることもありますので、自己判断しないで相談しながら改善していきましょう。
 〈お客様の症例〉夏の身体 食欲低下と下痢

過敏性腸症候群

明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴って、便秘や下痢が長く続く病気です。突如として襲ってくる下痢型、 腸管がけいれんを起こしてコロコロ便になる便秘型、下痢と便秘を交互に繰り返す交代型とあります。腸の筋肉が異常に痙攣している状態で、ストレスで冷えてくると、筋肉に栄養が行き渡らなくなり、痙攣しやすくなってきます。ストレスは直ぐに胃腸の不調に現れます。
過敏になっている腸を少しずつ温めて血の巡りを良くしていくと、腸が安定していきます。また症状が辛い時は、漢方で胃腸のバランスを整えていくことができます。症状が不安定でデリケートな時もありますので、その時は自己判断しないで相談しながら改善されるとよろしいでしょう。

潰瘍性大腸炎

大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の炎症性疾患。症状としては、下痢、血便、腹痛、発熱があり、自己免疫疾患のひとつといわれています。もともとひどい冷え性やストレスを抱えていて「潰瘍性大腸炎」まで患ってしまったというケースのご相談をよく受けます。

冷え性とストレスは非常に密接な相関関係があります。強いストレスが続くと、交感神経優位状態から顆粒球が増加して活性酸素が増え、腸の粘膜は傷つきやすくなります。一方で血行不良状態(冷えている)のために傷の修復は遅れることになります。
「潰瘍性大腸炎」は自己免疫疾患で、冷え性は自己防衛するための識別能力が落ちているために、自分で自分を攻撃する自己免疫疾患にもなりやすいのではないでしょうか。

ただ潰瘍性大腸炎の腹痛には、炎症からくる場合と、冷えからくる場合があり、対処を間違えると辛いことになりますので注意が必要です。症状が強い時は症状改善の治療が優先されますが、予防や回復後の免疫調整に、冷え性を改善しましょう。

胃がん

ガン細胞が最も活発に増殖する温度は35℃で、体温が下がると免疫力が低下して、ガンになりやすくなります。胃がんを患ったほとんどの方が、冷え性で、特に胃が冷えておられるように感じます。
胃はストレスをまともに受ける臓器で、不安や怒りでストレスを受けると交感神経が緊張して、胃の働きは極端に悪くなります。胃の血流は悪くなって(冷えて)いますので、痛くもなってきます。このような状態が長期、又は過度に続くと「胃がん」につながるのではないでしょうか。日頃からストレスを上手に解消しながら、胃を冷やさないようにしたいものです。
〈コラム〉ガン細胞は冷えが大好き

「吉兆堂式100症例」一覧

よくある症状から探す

不妊
婦人科疾患
水毒症状と冷え(下腹冷えがあると頑固)
気になる身体の不調
免疫力
アレルギー
目、耳
腎臓、膀胱(泌尿器)
ダイエット
首こり、肩コリ
慢性炎症、痛み
睡眠
副腎疲労
心身性
胃腸(消化器)
皮膚病
美肌作り
生活習慣病その他

お客様の声・改善例から探す

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
温参霊お試しのお申し込みB
サブコンテンツ