自律神経と内臓冷え | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

原因不明の体調不良は『内臓冷え』からくる自律神経の乱れが原因?!

頑張った神経疲れ!
身体の内は冷えていませんか?

「何だか身体が不調…」「さまざまな体調不良がある…」「病院に行っても原因がわからない…」
このような症状をお持ちの方、実は、身体の内が冷えている「内臓冷え」からくる体調不良ではありませんか?
仕事や家事、介護などで休みをとりたくても休めなかったり、頭や神経を使うことが多い生活は、身体を緊張させるので、身体の内を冷やし、更に自律神経の乱れまで引き起こすようになるのです。
頻繫に頭痛があったり、肩コリで身体がガチガチになってしまうこともあります。
内臓冷えチェック
□全身が冷える
□首、背中、腹部に冷えを感じる
□手足が異常に冷える、又は、ほてりを感じる
□10代、20代の頃、冷え性だった
□体温が36℃以下
□夏は暑がりで、冬は寒がりだ
□エアコンが苦手
□水分はあまり欲しくない
□慢性的にだるい
□気力がでない
□めまいがある
□胃腸が弱い
□生理前症候群(PMS)
□頭痛、生理痛、腰痛、関節痛など慢性的な痛みがある
□肩や首、背中のコリがとれない
□自律神経が悪いと言われたことがある
上記のチェックがいくつかあてはまるようでしたら、
『内臓冷え』の可能性があります!

内臓冷えとは

本来、身体は体温を正常に保とうとする働きがあります。寒い所では、血管を引き締めて体内の熱を逃がさないようにし、反対に暑い所では、血管を拡張させたり汗をかくことで体内の熱を逃がし、体内の温度を一定に保とうとします。
このような調節機能があるにも関わらず、体内の温度が下がり内臓が冷えてしまうのが「内臓冷え」。
内臓に血液を集めることができなくて、内臓の働きが低下しているため、身体のだるさや胃腸の不調などを感じるようになります。
ところが、手足は温かいことが多いので「自分は冷えている」と気づきにくく、原因がわからない体調不良に悩んでしまう場合が多くあります。

病院では原因不明

内臓冷えからくる体調不良は、病院で検査をしても異常がないと言われてしまうことが多いのが現状です。病院はそれぞれ○○科というように縦割りになっており、複合的な体調不良に対して総合的にアプローチすることが難しいという事情があります。
原因がわからないという不安感がさらに体調不良を悪化させてしまうこともあります。

⾃律神経と関わりが深い「内臓冷え」

内臓まで冷えているということは、自律神経の体内温度の調節機能に乱れが生じている訳ですから、自律神経の乱れからくる体調不良と似たような症状が現れがちです。
身体の芯が冷えきってガチガチになっていることもあり、だるい、疲れやすいなど身体の不調をはじめ、精神的にも不安定になり、イライラやうつ、不安感を感じやすくなったりします。神経をやわらげる薬を飲んで多少気持ちが楽になっても、スッキリするまではいかないことも多いものです。

毛細血管の詰まりが原因の場合も

血管は無数にある細胞の一つ一つに、血液を介して必要な栄養や酸素を届ける為に大切な働きをしています。身体中に張り巡らされた血管のうちの90%以上が毛細血管と言われています。毛細血管は酸素や栄養素を細胞へ取り込み、二酸化炭素や老廃物を排泄することで、各組織、細胞の新陳代謝の働きを支えています。
この毛細血管が詰まると、栄養素の取り込みと老廃物を排泄する機能が徐々に低下していき、身体は冷えていきます。更に自律神経は毛細血管をとりまくように存在しているので、毛細血管の根詰まりは自律神経の乱れの大きな原因となっていきます。

日常生活で予防する

日常生活では、緊張した身体をほぐして身体を内から温めることが大切です。交感神経が優位になっている場合は、副交感神経がしっかり働けるような生活をしましょう。

●気分転換の時間を作る

朝から晩までパソコンに向かっている、気を使うことが多い、仕事や家事に追われてゆっくりできる時間がとれない、介護で夜も目が離せない…など、張りつめた生活から、気分転換の時間を作りたいもの。景色や会話を楽しみながら散歩をしたり、好きな音楽を聴くのもいいでしょう。
元気がでてきて時間があれば、好きな趣味も見つかるようになります。

●睡眠をしっかりとる

睡眠中は、日中身体を巡っていた血液が肝臓に集まり、明日の活動のために準備されます。睡眠不足は、肝臓に負担がかかり血液の巡りや自律神経にも影響を与えます。

●身体を冷やす食事は控える

次のような食事は身体を冷やしますので、控えめにされたほうがいいでしょう。

・冷たい飲食
・身体を冷やす食物
南の地方でとれる野菜や果物は、一般的に身体を冷やす傾向があります。パン、コーヒーやビール、アイスクリーム、清涼飲料水、麦茶も冷やす食物です。
・糖質の摂り過ぎ
身体を冷やすだけでなく、血糖値スパイク(血糖値の乱高下)を引き起こし、動脈硬化や認知症、更に、うつのような症状をひきおこすといわれています。
特に精製された糖質(小麦、白米、砂糖、ブドウ糖)は控えめに。
・添加物の多い食事
加工された食品には防腐剤など添加物が多く含まれています。
・食べ過ぎ、飲み過ぎ
食べたり飲んだりすることは胃を冷ましている行為。もともと胃熱のある人は食欲旺盛ですが、だからといって、食べて胃熱を下げるべきではありません。

●むやみに薬はのまない

鎮痛剤(解熱剤)をはじめ、西洋薬は身体を冷やしますので、むやみに飲むのは控えましょう。

●お風呂でゆっくり温まる

ぬるめのお風呂にゆっくりつかると身体の芯まで温まり、リラックスできます。

●身体をほぐす

散歩や体操で身体を動かすとほぐれてきます。しつこい場合には、ストレッチや整体、マッサージの施術を利用されるとよいでしょう。

吉兆堂薬局での「内臓冷え」からくる⾃律神経の乱れの改善⽅法

身体の内の冷え(内臓冷え)は、自律神経の乱れの根本的原因でもあり、是非、改善したいもの。
冷え性の原因は、漢方では ①気虚 ②血虚 ③瘀血 ④腎虚 が考えられ、体質や症状に合わせてふさわしい漢方処方が決められます。

① 補気
身体の機能アップ。
② 補血
不足している血を補う。
③ 瘀血
血の滞りをとる。
④ 補腎
エネルギーや血を作る腎の力を補う。冷えの原因にもなっている「水毒」をとる。

しかし、体質が複雑に絡んでいると、自分にはどんな処方が合っているのかわかりにくい場合が多いのも現状です。しかも毛細血管の巡りが悪いと、せっかくの成分が届きにくく、穏やかな漢方薬の効果が実感しづらくなります。

そこで必要なのが、毛細血管の巡りを良くすること。毛細血管の詰まりをとり巡りが良くなることで、細胞まで必要な成分が届くようになり、老廃物の排泄もスムーズーになります。巡りが良くなるだけで、体調に変化を感じられる方も実は多くいらっしゃいます。

また、数ある薬効植物の中で、大変優れているものに「アダプトゲンハーブ」があります。
天然由来で副作用がなく、全身にまんべんなく作用し、自律神経やホルモンのバランスを整えて身体を本来の状態に維持し、不安やストレスへの抵抗力を高めることができます。

アダプトゲンハーブといわれている薬効植物

高麗人参、霊芝、冬虫夏草、草、アマチャヅル、マカ、エゾウコギ、党参

吉兆堂薬局では、内臓冷えからくる自律神経の乱れによる体調不良に対して、根本からの体質改善をおススメしています。
どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談電話:0120-29-3955

営業時間:10時~18時 日曜、月曜、祝日定休

お客様の声

頭のモヤモヤがなくなりました

以前まで病気知らずの生活を送っていましたが、いつの頃からか首のあたりから頭が“モヤモヤ”する感じが気になるようになりました。病院で検査しても異常は見つからず、しかし不快で何となくやる気も出ない為、不安でした。
見かねた家族が、半ば強引に漢方薬局に連れて行ってくれました。モヤモヤするのは、首から頭にかけての血流が低下しているのではということで、冷え性に良いという漢方のお茶を飲んでみることに。
1日1杯の漢方茶を飲み続けるうちに体調も上向き、元気がでてきました。 半年経った今、モヤモヤ感じがなくなり、本当にホッとしました。
Mさま 60代女性

両親と一緒にのんでいます

吉兆堂薬局で勧めて頂いたサプリメントを飲み始めて最初はすごく元気、半月後にはすごく眠くなりました。しかし、その後も続けて飲んでいたところ、ナント!ずっと気になっていた腎臓検査の数値に変化が!両親にも勧め、両親共に調子が良いです。
Sさま 40代女性

体調がよくなっているのを実感

さまざまな体調不良があり「自律神経が悪い」と言われたこともあり、悩んでいました。吉兆堂薬局さんで相談して飲み始めてから身体が軽くなり体調が確実に良くなっているのを感じています。
Mさま 60代女性

お陰様で元気になりました

吉兆堂薬局の漢方を飲み始めて 体温が上昇し、悩みだった身体の痛みにも変化が。更に2ヶ月で10キロも増えてしまった体重にも変化がありビックリしました。お陰様で元気になりました。
Iさま 50代女性

皮膚もきれいに

吉兆堂薬局の漢方が身体に合っていたので続けていましたが、気になる不調が他にもあった為、別にプラスして飲み始めたところ、気になっていた皮膚が綺麗になってきました。  
Oさま 50代男性

肩こりが楽になりました

吉兆堂薬局さんの漢方で辛かった体調が落ち着いていたのですが、季節の変わり目になると肩こりや頭がボーッとなる症状がありました。相談して別の漢方を飲み始めたところ、肩コリがスーッと楽に。
身体も温まるので気に入っています。 
Iさま  50代女性

首から上の巡りが良くなっているようです

デスクワークが多いこともあり、肩コリ、首コリ、目の疲れや痛みなど気になっていました。
マッサージにも通っていましたが、コリがとても強く自律神経も弱いとのこと。吉兆堂薬局さんの漢方を飲み始めてから、首から上が緩み始め血の巡りがよくなったように感じています。肩こりや目の具合も落ち着いてきました。  
Oさま  50代女性

*個人の感想で効果・効能には個人差があります。

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ