冷え性漢方の吉兆堂薬局

冷え性漢方の吉兆堂薬局 冷え性漢方の吉兆堂薬局

「冷え性」とは-漢方の視点から-

「冷え性」は、体の中に栄養や熱、力が足りない状態で、漢方では「虚証(陰性)」といわれます。低血圧、貧血、胃潰瘍、胃炎、胃ガン、潰瘍性大腸炎は、冷え性に多い病気です。うつ病、神経症なども陰の心から生じ、体のむくみも冷えのある陰性体質から起こります。
女性は多くの方が陰性体質になり、男性でも先に挙げた病気の症状がある方は、基本的に陰性体質ということになります。

 

一方、陽性は、身体が温かく、「熱症」ともいい、体内に栄養が充実した状態を指します。漢方では「実証」といわれます。
陽性の人は身体が温かいのだから健康である、と思われるかもしれません。しかし、陽性の人にも実は冷えがあり、それがもとで病気になります。
陽性体質の人は、若い頃には栄養も熱も十分あるため、病気とは無縁のことが多いようです。
しかし年齢とともに血管の内壁にコレステロールや中性脂肪などが過剰に沈着し、動脈硬化を起こして高血圧、脳卒中、心筋梗塞などの病気を起こしやすくなります。また、痛風や糖尿病、脂肪肝も栄養を摂り過ぎることで発症しやすくなります。
陽性の人が病気を招く理由は、体内に十分熱があるにも関わらず、燃焼すべき栄養が多すぎて完全燃焼できないために、老廃物が溜まってしまうからです。結果的に熱が不足するので、冷えることになります。

したがって、身体は、陰性と陽性の中間にある間性の状態が健康な状態といえます。

「冷え性」がさまざまな体調不良の原因に!

冷えが原因のさまざまな症状

あなたの身体にこのような症状があったら「冷え性」かもしれません。

疲れやすい、めまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、鼻炎、花粉症、不眠、イライラ、うつ、神経症、低血圧、風邪をひきやすい、食欲不振、胃炎、便秘、下痢、腹痛、お腹のハリ、腰痛、下半身の冷え、不妊、生理不順、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、むくみ、汗かき、頻尿、膀胱炎、足がだるい、手足のしびれ、手足の冷え、手足のほてり・・

東洋医学では「冷えは万病の元」といわれています。
自律神経やホルモンバランスの乱れ、また免疫力の低下を招き自律神経やホルモンバランスの乱れ、また免疫力の低下を招き、様々な病気や体調不良を引き起こす原因になります。
「冷え性」は放っておくと、特に40~50代から顕著な体調不良となって現れますので、軽く見ないで早めに改善しましょう。

 

お客様の声

吉兆堂薬局では、漢方の観点から「冷え性」が原因の体調不良をサポート!

吉兆堂薬局は、「冷え性改善」の専門薬局として、冷えからくる病気や体調不良のご相談までさせていただいております。巡りを整え「冷え」を改善することは、体調不良の改善だけでなく、未病を予防し健康で生き生きした日々につながります。

冷え性のタイプに合わせてご提案

ひとくちに「冷え性」といっても、体質により冷える箇所は異なります。また冷える箇所により、原因やお悩みも違ってきます。吉兆堂薬局では、冷え性専門薬局だからこそできる、お客様へのご提案をさせていただいております。

1.手足末端型 冷え性(低血圧、胃腸虚弱タイプ)

【主な症状】手足や身体の表面が冷えている。
【主な原因】胃腸虚弱、貧血、低血圧、ストレス、頑張りすぎなど

疲れやすく、免疫力が低下しやすい、漢方では気虚、脾胃虚といったタイプの冷え性です。一方、バリバリと頑張るタイプの方でも、交感神経のはたらきが過剰で、冷えてしまっているケースが多くあります。
寒がりで自覚があって養生している方は多いですが、後者の方の場合、ストレスや疲れがたまると無理が効かなくなって不調になってしまいます。
胃腸を丈夫にし、血液を補いながら冷え性を改善しましょう。

2.内臓型 冷え性(自律神経が弱いタイプ)

【主な症状】身体の内が冷えており、心身の不調を抱えやすい。
【主な原因】ストレス、身体を冷やす食事、不規則な生活習慣など

「何だか身体が不調」ということが多く、自律神経が乱れやすいタイプの方に多い冷え性です。このタイプの方はストレスに弱く、神経過敏になって不安感を感じやすくなります。身体の芯が冷えきってガチガチになっていることもあります。
漢方では血虚や瘀血、陰虚がみられ生理の周期が乱れたり、便秘と下痢を繰り返したりすることもあります。自律神経を整えるために、まずは生活のリズムを整えて、身体を芯から温めてほぐしていくようにしましょう。

3.下半身型 冷え性(婦人科系が弱いタイプ)

【主な症状】下半身の冷えが強く、上半身は暑がる傾向がある。
【主な原因】生理不順など婦人科疾患、身体を冷やす食事、下半身を冷やす服装など

漢方でいうと瘀血(血液の滞り)があり、ホルモンバランスが崩れやすいタイプです。しつこい冷えの原因になっている瘀血をとりながら温めていくとよいでしょう。
また、このタイプの方は水毒が溜まりやすいので、めまいやむくみ、汗かき、耳鳴り、難聴といった症状も出やすく、さらに、代謝が悪いと感じている方も多くみられます。補腎(腎の力を高めて水分代謝を整える)をしながら冷え性を改善されるとよいでしょう。


 

「冷え性」漢方の費用、体質改善までの目安

ご予算、体質改善の目安

漢方には「天然素材で身体にやさしい」「体質改善できる」優れたところがある一方で、「時間がかかる?」「費用が高い?」というお声も伺います。
吉兆堂薬局では、そのようなお客さまの声を大切に受けとめ、よい漢方を継続してお飲みいただけるように、効果効能を重視しながらもリーズナブルな価格の実現にも取り組んでいます。どうぞお気軽にご相談ください。

毎月のご予算

毎月のご予算

毎月のご予算の目安


Aさま 冷え性のお悩み      5,080円/月(税別)
Bさま 冷え性とめまいの漢方   9,080円/月(税別)
   3ヶ月後⇒冷え性の漢方   5,080円/月(税別)
Cさま 冷え性と自律神経     12,720円/月(税別)
Dさま 下腹の冷え、子宮筋腫、疲れやすいなど
                13,550円/月(税別)
Eさま 下半身の冷えと汗かき   17,550円/月(税別)
   半年後⇒         13,550円/月(税別)
※お客様の体質やご要望により、個人差があります。

自然治癒力 体調の変化

自然治癒力 体調の変化

五臓六腑を整えて改善!吉兆堂の100症例

吉兆堂薬局の改善症例を、冷えとの関わりについて解説しながらご紹介いたします。

その他100症例一覧はこちら≫

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで

サブコンテンツ