冷え性漢方の吉兆堂薬局

冷え性漢方の吉兆堂薬局 冷え性漢方の吉兆堂薬局

冷え性がさまざまな体調不良の原因に

冷え性の方には、辛い季節

冷え性の方にとっては、辛い季節です。
寒い時期に「手足が少し冷えるかな?」でしたら、あまり問題ないかもしれません。しかし、手足の冷えがとても辛い。温かい部屋にいてもカイロが手放せない。衣類を重ね着しても冷えがつらい という方もいらっしゃいます。
 
手足など末端が冷えていると「しもやけ」になりやすいのですが、更に進んでくると「手足のしびれ」や「痛み」などが現れることがあります。
また、「めまい」「鼻炎」「トイレが近い」「夜中のトイレ」「動きたくない」「気持ちが落ち込む」などの不調も、実は、身体の深部の冷えが原因のひとつとされています。

冷え性は免疫力の低下を招く

長年の冷えや頑固な冷えをほおっておくと、身体の深部まで冷えるようになり、体調不良など身体に弊害が現れるようになります。そのひとつに「免疫力低下」があり、今心配されている「コロナ肺炎」のような感染症へのリスクも高まります。ウイルス感染の予防においては、手洗いやマスクだけでなく、病気にならない日頃の身体作りが実は大切なのです。
免疫力の目安に「体温」があり、36.2℃を下回るようなら、免疫力低下のサインとなります。

この時期に現れやすい体調不良、身体の芯が冷えていませんか?

●「手足の痛み・シビレ」
外気温が低下してくると、血の巡りが悪くなり、身体が緊張して筋肉も硬くなりがちです。もともと冷え性の人は、末端の血管を強く収縮させて内部を守ろうとするために、末端はますます冷えて、痛みやシビレが生じやすくなります。。
 
●「元気がでない」「動きたくない」
身体の内部が冷えて巡りが悪くなると、元気、やる気が低下し、だるさを感じるようになります。
 
●「気持ちが沈む」「不安管」「イライラする」
ストレスと冷えは深く関わっており、巡りの悪さが心に与える影響は大きいものです。「うつ」でお悩みの多くの方が冷えています。心の病気を疑う前に、まず身体を内側から温め、頭までしっかり巡るようにしていくと、それだけで元気になられる人も多いのです。
 
●「めまい」「鼻炎」「鼻水」
冷えは巡りだけでなく水の代謝も低下させるため、「水毒」や「血行不良」に関わる不調が生じやすくなります。頭には毛細血管が張り巡らされており、耳周辺の血行不良や余分な水が溜まると、「めまい」が起きやすくなります。
「鼻水」や「鼻づまり」も同様で、水毒や血行不良が関わっています。
 
●「夜中のトイレ」「頻尿」「ストレスに弱い」
腎臓は毛細血管が密集しており、冷えは血流を悪くさせて腎臓の働きを低下させます。尿の出が悪くなったり、頻尿になりやすく、夜中のトイレでたびたび目覚めるようになります。更に、ストレスに弱くなったり、根気や集中力が低下しやすくなります。
 

身体の深部の冷えが原因のさまざまな症状

あなたの身体にこのような症状があったら、冷え性が原因かもしれません。
疲れやすい、めまい、頭痛、肩こり、耳鳴り、鼻炎、花粉症、不眠、イライラ、うつ、神経症、低血圧、貧血、風邪をひきやすい、食欲不振、胃炎、便秘、下痢、腹痛、お腹のハリ、腰痛、下半身の冷え、下半身太り、不妊、生理不順、生理痛、子宮筋腫・子宮内膜症などの婦人科系疾患、むくみ、汗かき、のぼせ、動悸、肌荒れ、乾燥肌、頻尿、膀胱炎、足がだるい、手足のしびれ、手足の冷え、手足のほてり・・

東洋医学では「冷えは万病の元」といわれています。
免疫力の低下を招き、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなり、様々な病気や体調不良を引き起こしやすくします。
冷え性は放っておくと、特に40~50代から顕著な体調不良となって現れますので、軽く見ないで早めに改善しましょう。

 

お客様の声

冷え性のタイプ

ひとくちに「冷え性」といっても、体質により冷える箇所は異なります。また冷える箇所により、原因やお悩みも違ってきます。冷え性は大きく分けると下記の3タイプに分かれます。

 

1.手足末端型 冷え性(低血圧、胃腸虚弱タイプ)

【主な症状】手足の冷えが気になる。疲れやすい。
【主な原因】胃腸虚弱、貧血、低血圧、ストレス、頑張りすぎなど

疲れやすく、免疫力が低下しやすい、漢方では気虚、脾胃虚といったタイプの冷え性です。一方、バリバリと頑張りすぎて交感神経の働きが過剰になり、冷えているケースもあります。
寒がりで冷えの自覚があるために養生している人は多いのですが、ストレスや疲れがたまると無理が効かなくなり体調不良が生じやすくなります。胃腸を丈夫にしながら、じっくりと冷え性を改善していきましょう。

 

2.内臓型 冷え性(自律神経が弱いタイプ)

【主な症状】身体の内が冷えており、心身の不調を抱えやすい。
【主な原因】ストレス、身体を冷やす食事、不規則な生活習慣など

「何だか身体が不調」ということが多く、自律神経が乱れやすい人に多い冷え性です。ストレスに弱く、神経過敏になって不安感を感じやすくなります。身体の芯が冷えきってガチガチになっていることもあります。
漢方では血虚や瘀血、陰虚がみられ、生理の周期が乱れたり、便秘と下痢を繰り返すこともあります。自律神経を整えるために、まずは生活のリズムを整えて、身体を芯から温めてほぐしていくようにしましょう。

 

3.下半身型 冷え性(婦人科系が弱いタイプ)

【主な症状】下半身の冷えが強く、上半身は暑がる傾向がある。
【主な原因】生理不順など婦人科疾患、身体を冷やす食事、下半身を冷やす服装など

漢方でいうと瘀血(血液の滞り)があり、ホルモンバランスが崩れやすいタイプです。しつこい冷えの原因になっている瘀血をとりながら温めていくとよいでしょう。
また、水毒が溜まりやすいので、めまいやむくみ、汗かき、耳鳴り、難聴といった症状も出やすくなります。代謝が悪いと感じている人も多くみられます。補腎(腎の力を高めて水分代謝を整える)をしながら冷え性を改善されるとよいでしょう。

 


 

吉兆堂薬局では、漢方の専門家の視点から冷え性の根本改善をサポートします!

40代・50代からの原因不明の体調不良・・・実は慢性的な冷え性が原因かも?!

何を試しても改善しない体調不良、また、身体の冷たい部分はありませんか?
実は、その根本原因が、慢性冷え性であることが少なくありません。 かといって単純に身体を温めても、不調は改善しません。 【本来持つ身体のなかの巡る力】を高め、【必要な栄養が届く】状態にする。
私たちは、そこに特化して漢方薬をベースとした研究を続けています。

冷え性には漢方が有効

「冷え性」は、食生活などの生活習慣が大きな原因だと考えられていますが、自分の努力だけでは治らない冷え性の方が増えてきました。西洋薬では治っていないのが現状で、「冷え性は漢方薬で」と云われています。

優れた生薬を組み合わせることで、身体の根本から体質改善できる

漢方薬は、身体全体を整えることを基本として考え、薬効が期待できる複数の生薬を丸ごと使用して作られています。冷え性に効果的な生薬はいろいろありますが、その中でも優れた生薬を組み合わせることで、血液の流れを整え、自律神経やホルモンのバランス、免疫力といった身体の根本を整えることができます。
更に、複数の有効成分が配合されるため、副作用は少なく、長期に服用することで「冷え性」という体質を改善することができるのです。

冷え性漢方の費用、体質改善までの目安

ご予算、体質改善までの目安

漢方には「天然素材で身体にやさしい」「体質改善できる」優れたところがある一方で、「時間がかかる?」「費用が高い?」というご心配のお声も伺います。
吉兆堂薬局では、そのようなお客さまの声を大切に受けとめ、効果効能の高い漢方を継続してお飲みいただける価格の実現にも取り組んでいます。

ご予算の目安

毎月のご予算

自然治癒力 体調の変化

自然治癒力 体調の変化

 

五臓六腑を整えて改善!吉兆堂の100症例

吉兆堂薬局の改善症例を、冷えとの関わりについて解説しながらご紹介いたします。

その他の症例はこちら≫

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで

サブコンテンツ
お試し漢方茶のお申込みはこちら