冷え性漢方の吉兆堂薬局

電話番号

電話番号

「卵巣嚢腫」は、卵巣に液体や脂肪が溜まってしまう柔らかい腫瘍。20代~40代の女性に多いものの、閉経後も大きくなることがあり、悪性のガンのリスクや、また、肥大した嚢腫が原因となって腹痛や腰痛、頻尿や便秘などを起こしたりします。しかもそれ以外にも、疲労感や浮腫み、めまい、汗かきなど、さまざまな体調不良を抱えている方がいらっしゃいます。

これらの体調不良は、「卵巣嚢腫」が周囲の臓器を圧迫するために生じる場合もありますが、そもそも、このような腫瘍が作られる体質に問題があります。

実際に、冷え性、特に下腹や下半身が冷えている方には、生理痛やPMSでお悩みの方(以前そうだった)が多く、しかも「卵巣嚢腫」も抱えている方が相当数いらっしゃいます。
子宮周辺の冷えが、卵巣や関連する器官の正常な働きを妨げてしまう
のですね。

更に、子宮周辺の冷えは、腸や腎臓などの働きを妨げるため、便秘や下痢などのお腹の不調、また、頻尿や浮腫みなど泌尿器系の不調を抱えやすくなります。

冷えの原因を取り除き身体を内側から温めることで、さまざまな体調不良が改善されており、その過程で「卵巣嚢腫」も改善されることが多いのです。

卵巣嚢腫とは

卵巣には、女性ホルモンを分泌したり、卵子を作り排卵させる働きがあります、この卵巣に腫瘍ができると、初期のころは自覚症状が無いものの、腫瘍が大きくなってくると、お腹が張って苦しくなったり、生理痛や下腹部痛、頻尿、便秘、浮腫みなどの症状が現れるようになります。
腫瘍が肥大して付け根がねじれたり、腫瘍が破裂するという危険な場合も。また、がん化のリスクも高まります。

卵巣嚢腫の種類

漿液性嚢腫
卵巣から分泌される透明の液体がたまった嚢腫。
皮様性嚢腫
歯や毛髪などの組織が含まれたドロドロした物質が溜まった嚢腫。
チョコレート嚢腫
子宮内膜症が卵巣内に発症し、月経の度に出血した血液が溜まる。
粘液性嚢腫
閉経後の女性に多く、ゼラチン状の粘液が溜まり、かなり大きくなる。

病院での治療は、手術、又は、ホルモン治療

原因はまだよくわかっていない

病院では、手術で摘出するかホルモン剤で縮小させる方法が実施されています。原因はまだよくわかっていないため対症療法となります。

治療には副作用の心配も

経過観察をしながら、ある程度大きくなると、捻転や破裂の可能性があるため手術をします。卵巣を摘出することで、それまでの体調不良が改善する人がいる一方で、ホルモンの分泌量が減るために、不安感やうつ、動悸や息苦しさなどの更年期のような体調不良に悩まされる人もいらっしゃいます。

ホルモン治療の場合、ホルモン剤で妊娠状態、又は閉経状態にして腫瘍を縮小させます。ただし、血流を低下させることから、むくみやめまい、うつなどの体調不良が生じやすく、乳がんや血栓症のリスクも高まります。

漢方の治療は身体にやさしい

漢方は卵巣や子宮の働きを整える

漢方薬は身体にやさしく副作用の心配が少ないとされています。それは体質を改善して卵巣や子宮の本来の働きを取り戻すことで、卵巣嚢腫を縮小させ、予防するからです。
子宮周辺の血の流れを整え、卵巣での卵子の生成や排卵、子宮内膜の増殖や生理による排泄を整えていきます。

卵巣嚢腫ができやすい体質とは?

東洋医学では、卵巣嚢腫の原因を、子宮周辺の血の滞り(瘀血)や栄養不足(血虚)、水滞(余分な水)と考え、その背景に、冷えやストレス、生活習慣などが関わっているとされています。
漢方薬にはこれらの原因を取り除くための生薬があり、体質を改善していくことができます。

ところが漢方の場合、卵巣嚢腫の程度や体質によっては、手応えを得られにくいことがあります。原因として、次のことが考えられます。

漢方薬で手応えがでない場合の理由

嚢腫が大きくなりすぎている。
漢方薬の処方が体質に合っていない。
漢方薬の品質によっては、効果を実感しにくい。
漢方薬が効いてこない程、子宮や卵巣が冷えてガチガチになっている。

漢方薬は品質により効果に差がある

漢方薬には、煎じ薬や粉薬、錠剤などの形態があり、その形態や製造メーカーによって効果に差があるのが現状です。
一般的に煎じ薬が最も効果が高く、粉薬、錠剤と効果が弱くなるため、服用する漢方薬の品質によっては「効いている実感がない」ケースがでてくることになります。

子宮や卵巣の冷えが強く、通常の漢方薬が効かないことも

一方で、漢方薬が効いてこない程、子宮や卵巣が冷えてガチガチになっていることがあります。
下腹や下半身の冷えは気づいていない人も多く、冷えに慣れて神経が冷えを感じなくなっていたり、上半身が火照っている場合もあります。そして、何だかわからないけど体調が悪いという人もいらっしゃいます。

冷え性(下腹の冷え)が卵巣嚢腫の原因に?!

下腹冷えは婦人科疾患の元凶

婦人科疾患でお悩みの方は、下腹や下半身に冷えを感じている方が少なくありません。更に、冷えは感じないものの実は冷えている方もあり、相当数の方が冷えをお持ちです。
冷えは、血液やリンパの循環を滞らせます。特に女性にとって最も滞りやすいのは「下腹」
慢性的に下腹が冷えていると、婦人病の大敵である「瘀血(血液ドロドロ)」を作り、「水滞(余分な水)」など体内に不要な老廃物が溜まりやすくなります。

卵巣には毛細血管が巡っており、冷えは大敵

特に卵巣には、髪の毛1/10程度の細い毛細血管が巡っています。冷えているとこの部分の血流が悪くなるために、卵巣に必要な栄養が不足したり老廃物が溜まりやすくなります。

「根深い冷え性体質」が体調不良や腫瘍の原因に

このタイプの人が厄介なのは、上半身は冷えてない、むしろ火照りがあることも多いため、冷え性の実感に乏しくなり、体質改善が遅れがちになってしまうこと。
血液が粘ついてくる40~50代以降になると、ガチガチで巡りの悪い根深い体質に進行し、卵巣や子宮も年齢相応以上に硬くなってしまうことになります。その結果、体調が乱れやすくなり、腫瘍などの異物もできやすくなります。

冷え性(下腹冷え)の方の体質改善法

このような体質の改善は、子宮や卵巣にきれいな血液をすみずみまで巡らせて、老廃物をしっかり排泄させ、温かい状態にしてあげること。
根本原因である「瘀血(血液ドロドロ)」を取りながら排泄力を高め、血(栄養)を補って、下腹や下半身の冷えを改善することが大切です。

漢方薬には、食事や生活習慣だけでは改善できない「瘀血(血液ドロドロ)」を取り除くための優れた生薬があります。
また、品質や効果にバラツキがある漢方薬の中で、最も効果が高いのは「煎じ薬」といわれています。

吉兆堂薬局では、下腹や下半身冷え”からくる「卵巣嚢腫」に対して、「おすすめセット」で体質改善されることをご提案しています。

2つの漢方処方で、下腹(下半身)が冷えている方のための「卵巣嚢腫」、及び、体調不良を改善します。

おすすめセット

内容 煎じ薬漢方茶
通常価格
  • 煎じ薬(30日分)
    7,500円~(税込 8,250円〜)送料無料
  • 漢方茶(30日分)
    5,980円(税込 6,458円)送料無料
  • 煎じ薬漢方茶(定期で30日分)
    12,150円~(税込 13,263円〜)送料無料
    ※体質には個人差があり、煎じ薬、又は、漢方茶だけで十分な方もいらっしゃいます。詳しくはご相談ください。

14日間おためしセット
お電話にてお申し込みください

お客様の症例

温めることから始めたら、生理不順やホルモン数値も良い方向に

昔から婦人科系が弱かったIさま。
生理が始まってからずっと不順で、「卵巣嚢腫」もあり、最近では夕方になると疲れて動けないということでした。おへその下辺りが冷たく足先も冷たい状態。

先ず、冷えているお腹を温めるために「おすすめセット」の「冷え取り漢方茶」と「煎じ薬」をおすすめしました。
飲み始めてからは身体がポカポカするようになり、血液が巡り始めたような感じで、体調が上向いてきたそうです。身体のだるさがとれて楽に動けるようになられたとのこと。
生理不順も少しずつ改善され、基礎体温やホルモン数値も良い方向に変化しています。

卵巣嚢腫が消失?!

長年の冷え性(特に下半身)と体調不良に悩んでおり、病院では卵巣嚢腫もあるといわれていた50代女性のIさま。
「おすすめセット」の「冷え取り漢方茶」と「煎じ薬」を飲み始めてから、身体が温まるようになり、体調も少しづつ良くなってこられました。1年後の婦人科の検診では、卵巣嚢腫らしきものは見当たらないとのこと。この漢方のおかげではないかと喜んでおられました。

下半身が温まることで、スッキリしない身体が軽くなりました

冷え性がお悩みの30代女性のIさま。
「冷え取りの漢方茶」をお飲みになられてましたが、途中から下半身の冷えを強く感じるようになり、「煎じ薬」も併用されました。
半年ほどで下半身の冷えがかなり軽減され、同時に身体が軽くなり、体調も良くなってこられました。予算のこともあり、その後は「漢方茶」のみで継続されています。

更年期の体調不良が改善

コレステロール値や肝臓の数値が高く、体重も増えてしまい身体に不安を抱えてご相談された50代女性のYさま。
「冷え取りの漢方茶」+瘀血をとる漢方の丸剤を続けていただき、ある程度改善されました。

しかし今一つ足りない感じでしたので、途中から「おすすめセット」に変更。
その後、3カ月経った頃に大きな変化が現れ、体調が良くなり表情も柔らかくなられました。長年の瘀血がとれてきたのだと思いました。
更に1年程継続して体調が安定してきたので、冷え取り漢方茶のみに変更。調子が良さそうです。

よくあるご質問

Q.漢方かホルモン治療で迷っています。どうしたらいいのでしょうか?

A.嚢腫の種類や大きさ、体質により判断は異なります。一般的に初期の段階でしたら、身体に負担をかけない漢方がオススメです。しかし、大きくなりすぎると漢方だけでは難しいかもしれません。
しかし、冷え性、特に下腹が冷えている方の場合、ホルモン治療だとますます血流が悪くなり、体調を崩してしまう方もいらっしゃいます。病院での治療と併用しながら体質改善と副作用の予防をすることもできます。お悩みの際はご相談ください。

Q.「おすすめセット」は「卵巣嚢腫」以外の体調不良にもよいのでしょうか?

A.下腹(下半身や足)の冷え性に起因する体調不良であれば、次のような症状も緩和・改善していきます。
●下半身の冷え(なかでも下腹部、お尻、太もも、足、足先の冷え)
●(顔や上半身の)のぼせ
●めまい・頭痛、肩こり
●動悸・手足がほてる
●手足のしびれ、痛み
●下半身太り
●むくみ
●足が重だるい
●夜中のトイレ
●頻尿
●尿量が少ない
●膀胱炎になりやすい
●便秘、又は下痢しやすい
●腰痛
●更年期障害
●子宮筋腫など婦人科疾患
●イライラ、うつ
●不眠

Q.「おすすめセット」の煎じ薬と漢方茶の違いは何ですか?

A.【効果の違い】
「煎じ薬」は瘀血の改善と補血(処方により水の排泄)に優れており、特に下腹や下半身が冷える方、及びそれから生じる体調不良、婦人科系が弱い方(過去に弱かった方)に向いています。
「漢方茶」は自律神経やホルモンバランスに働きかけながら、毛細血管の巡りを良くすることで冷え性を改善します。 一緒にお飲みいただくと、相乗効果により効果が高まります。

【お飲みいただく期間】
「煎じ薬」は、瘀血をとるために半年~1年~2年の期間を限定した継続をオススメしています。(瘀血がとれるのは、一般的に半年~2年位とされています。)
「漢方茶」は、長期に継続できる霊芝と高麗人参をメイン成分としていますので、安心してお続けいただけます。
尚、体質や症状によりお飲みになられる期間には個人差があります。また、煎じ薬または漢方茶のいずれかだけで十分な方もいらっしゃいます。詳しくはお問合せください。

Q.「おすすめセット」と避けた方がよい薬やサプリメントなどはありますか?

A.血液をサラサラにするワーファリン、又、漢方薬の駆瘀血剤との併用は、効果が強くなりすぎることがあります。お薬やサプリメントとの併用についてはお問合せください。

Q.注文はネットからできますか?

A.身体に合ったものをお飲みいただきたいので、ご相談を前提にしております。ご注文は、電話、メール、店頭でお願いいたします。

Q.相談してから決めたいのですが、どのようになっていますか?

A.ご相談は、店頭又はお電話で承っております。お身体の変化や気になることなど、おひとりで悩まずに是非ご相談下さい。じっくりご相談されたい方は、予めご予約されることをおすすめいたします。
吉兆堂薬局フリーダイヤル 0120-29-3955
※営業時間:【電話】午前10時~午後6時
【店舗】午前10時~午後4時
※定休日:日曜・月曜・祝日

お試し漢方のお申込方法

14日間おためしセット

お電話にてお申し込みください