「重要コラム」の記事一覧 | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

「重要コラム」の記事一覧

辛いめまいを徹底解析!2018/6/07更新

めまいは本当に辛いもの。症状がつらいのは勿論ですが、2時間以上続くことも多く、めまいがあるうちは、治まるまで何もできなくなります。また、何時めまいが起きるのかがわからないのが怖いめまい。もし、車の運転・・・
続きを読む

卵巣嚢腫も 冷えを改善することが大切2018/6/04更新

卵巣嚢腫 卵巣嚢腫は卵巣にできる嚢胞(のうほう)性の腫瘍で、 ほとんどは良性で始めは症状がないのですが、 大きくなるにつれて頻尿、腰痛、下腹部痛、月経痛などの症状があらわれます。  ・・・
続きを読む

子宮筋腫について ~冷え、ストレスとの関わり~2018/3/01更新

子宮筋腫は、子宮にできる良性の腫瘍で、婦人科疾患の中で最も多い病気と言われています。 30代半ばから40代の女性に多くみられ,症状は筋腫のできる場所や大きさにより変わります。 閉経後に小さくなるこ・・・
続きを読む

【妊活】冷え性は不妊の大きな原因です2018/2/19更新

最近では、「就活」や「婚活」に加えて、 子宝に恵まれるために情報収集や治療などを行う「妊活」 という言葉が使われるようになってきました。 日本では、今やカップルの6組中1組は、 子供を産み・・・
続きを読む

頻尿のお悩み2018/1/20更新

過活動膀胱 「さっきトイレに行ったばかりなのに、また行きたい」というトイレのお悩みは、多いものです。最近では、そのような症状を「過活動膀胱」という病名もつけられるようになりました。 「過活・・・
続きを読む

冷え性は乳がんリスクが高いの?2017/12/01更新

日本人女性の11人に1人は、乳がんになると言われています。 乳がんに罹患する女性は年々増加傾向におり、現在の日本人女性の乳がん罹患率は、胃がんを抜いてトップになっています。なぜ乳がんはこれほど増えて・・・
続きを読む

子宮内膜症 漢方では瘀血・ストレス・冷えが原因2017/10/07更新

つらい生理痛が長引く子宮内膜症、 現代病ともいわれ、不妊の原因にもなっています。   20代~40代の女性に発症しますが、 近年では低年齢化が進んで、20代での発症が増えています。 ・・・
続きを読む

自律神経を整えよう2017/9/25更新

自律神経 自律神経とは? 自分の意思、気持ちではどうにもならない神経 自律神経は、自分の意思とは関係なく、内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経で、私たちの意思で自由に・・・
続きを読む

冷えは婦人病の大敵2017/9/18更新

最近の女性は身体の内が冷えていて、体温も35度台の方が増えています。 身体の内が冷えると、婦人病などさまざまな体調不良を起こしやすくなります。 特に「むくみ」「めまい」「汗かき」のお悩みは、・・・
続きを読む

漢方の冷え性改善について2017/9/14更新

漢方は冷え性改善に有効で、いろいろな処方が揃っていますが, 有名な処方のひとつに「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」があります。 冷え性のため長年にわたり、「当帰芍薬散」をお飲みになってい・・・
続きを読む
サブコンテンツ