体調不良の原因は若い頃からの「冷え」が原因 | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

体調不良の原因は若い頃からの「冷え」が原因2017/9/25更新

自律神経が悪いから?

images[9]Mさんが初めて来店された時は、身体の不調をいっぱいもっておられました。
耳鳴り、腰痛、子宮筋腫など次々と出てくる不調の原因は、
「自律神経が悪いから」とずっと思っていらしたようでした。

自律神経は身体の根本に働きかけるので、バランスが崩れるとさまざまな体調不良が現われます。
バランスが崩れる原因にはホルモンバランスの乱れ、日常生活のストレスがあります。
そして何よりも「冷え性」と密接に関わっているといえます。

「今までいろいろ試してきても、改善している感じにならなかったのは、
もしかしたら若い頃からひどい冷え性だったので、それが原因かもしれない。」
と原因がわかって、Mさんはホッとされている感じでもありました。

身体が冷えていると、常に交感神経優位の緊張モードになっています。
そこにストレスがかかると、更に交感神経が過剰になり身体は冷えていきます。

この状態が続くと、身体は冷えに慣れてしまい、冷えを感じなくなってきます。
これが本人の自覚がないまま、冷えを進行させることになり、
自律神経の乱れにまでつながってしまうのです。

自律神経は心臓の働きから、血管、呼吸の働きと身体の根本に関わっています。
その結果、身体のあちこちに不調がでてしまうのですね。

漢方では自律神経の働きは「肝」の働きと捉えて、
「柴胡」など肝を調える漢方で身体のバランスを調えていきます。
しかし長い間の冷え性からくる自律神経の乱れはなかなか手強く、
小手先だけではすっきりしない場合も多いものです。
冷えで血液が巡っていないと、いくら身体に良いものを摂っても、
成分が行き渡らなくて代謝も悪いので、効果が十分に発揮できないのですね。

身体を芯から温めて血液の巡りを良くする大切さは、ここにあります。

Mさんには、身体を温めて血液の巡りを良くしながら、症状に合わせた漢方をお飲みいただきました。
1ヶ月ほどで、「何となく身体が変化している感じ」とおっしゃられ、
更に2ヶ月後には、「改善している感じがわかる!」とおっしゃるようになりました。
血液の流れが改善されたことで、今まで何を飲んでもイマイチだったのが、
漢方の効き目が良くなり、その結果体調も改善されてきたのでしょう。
Mさんはその後、季節や体調に合わせて漢方を変えながら、
冷え取りの漢方」を続けられ、体調が安定してこられました。

体調不良の原因は自律神経ではなく「冷え」?

Hさんの場合も若い頃からずっと冷え性でした。
そして妊娠、出産を境に、いろいろな症状に悩まされるようになりました。
不調のひとつにアレルギー性鼻炎がありました。
通常なら病院の薬でいったんは治まるはずなのに、Hさんは良くなりませんでした。
最近では外出先で気持ち悪くなることも度々。その他にもさまざまな体調不良があり、
それらの原因を自律神経のせいにされていたのです。

しかし、本当の原因は「実は、冷えにあるのでは?」と思い
まずは「冷え」改善を目的に「冷え取りの漢方」を飲み始めました。
そしてHさんは、少しずつ体調が上向く変化を感じられるようになってきました。

images5PZRJG4P

東洋医学では「冷えは万病の元」と云われるように、
冷えが原因で、さまざまな体調不良や病気を引き起こしているケースが本当に多くあります。

アレルギー性鼻炎や花粉症は、免疫低下と水毒が原因しており、
冷たい飲食物でお腹を冷やしたために水毒(身体の中の余分な水)がたまり、
鼻炎となって現れている場合も多いのです。

冷えた身体では、穏やかな漢方成分やサプリの効きが悪くなり、
強い西洋薬で身体をこじらせる場合もでてきます。

根本から治すためにも、しっかり身体の内を温めることが大切ですね。
Hさんは、その後も血液がしっかり巡るように「冷え」を改善しながら、体質改善を続けておられます。


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ