冷え性の原因 | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

冷え性の原因

東洋医学からみた冷え性の原因

「気・血・水」がまんべんなく身体を循環することが、健康の基本と考えます。

冷え性には、4つのタイプがあります。
1.気虚-エネルギーが不足しているタイプ。
2.血虚-全身を流れる血液が不足しているタイプ。
3.瘀血-血液がドロドロして滞っている状態。中高年以降、瘀血が増える傾向があります。
4.寒湿-水毒を持っているため身体が冷え、むくみ、めまいになりやすいタイプ。

血液の流れからみた冷え性の原因

髪の毛1/10程度の太さといわれている毛細血管の血流は、体温を維持するために重要な働きをしています。熱を生み出している筋肉に、酸素や栄養を運び老廃物を運び去るのは血液で、毛細血管を介して行われています。血液は温かく、冷たい外気にあたると手足の血管を収縮させて熱を逃がさないようにしています。加齢や運動不足、ストレスの影響で毛細血管の血流は低下、或いは毛細血管が減少するため、冷えるようになります。

自律神経からみた冷え性の原因

深部体温を37.2℃に保つために、身体を活動させるアクセル役の交感神経と、リラックスさせるブレーキ役の副交感神経があり、お互いがシーソーのように交互にバランスよく働くことで、体内の体温が保たれています。交感神経過剰になっても、副交感神経過剰になっても、身体は冷えてしまいます。

ホルモンのバランスからみた冷え性の原因

脳の視床下部はホルモンのバランスをとっています。甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌が増えると、代謝が亢進して熱を産み出しています。ホルモンバランスの乱れは、体温コントロールにも影響を与え、冷え性の原因になります。

女性に冷え性が多い理由

女性に冷え性が多い理由として、次のようなことが挙げられます。
・熱を発生する筋肉が男性より少なく脂肪が多い為に、冷えやすい。脂肪は温まりにくい性質なので「太っているのに冷え性」という女性も多い。
・女性特有の生理で、貧血状態になりやすい。
・卵胞ホルモンと黄体ホルモンの入れ替わりで、ホルモンバランスが不安定になりがち。
・更年期に女性ホルモンが減少することから、ホルモンバランスが崩れやすい。

40代、50代以降に身体の不調が現れるのは

40代、50代になると、生命エネルギーである「腎」の力が衰え始めます。今まで積み重ねてきた無理、神経疲れやストレス、運動不足、体を冷やす食生活などの影響が体調不良となって、或いは病気となって現れやすくなります。親から受け継いだ体質も、この時期から現れ始めます。
冷え性に於いても、血液が粘ついてくる40~50代以降になるとガチガチで巡りの悪い根深い体質に進んでいきます。身体の無理が若いころのようにできなくなり、体調不良も治りづらくなります。

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ
お試し漢方茶のお申込みはこちら