つらい脚のむくみを、日常生活の中で冷えを改善して、解消! | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

つらい脚のむくみを、日常生活の中で冷えを改善して、解消!2015/10/14更新

脚が重苦しく感じるむくみ

靴下や靴が履きにくく、脚の疲労感も強くなります。

むくみは漢字を使うと、浮腫みと書きます。その文字通り、まさに腫れているような感覚。

具体的には脚が腫れぼったい感じや、靴や靴下のゴムの跡がなかなか消えない

指で数秒押すと、その形が暫く残る・・といった症状がよく見られます。

脚を酷使した後など、限定された時のみにむくみを起こす人もいますが、そういうことに関係なく日常的にむくんでしまう人もいます。

hiesyou-mukumi

「むくみの原因」

むくみとは…血流の悪さから血液中の水分が血管やリンパ管の外側の組織に溜まってしまっている状態。

一時的なむくみの原因としては・・

○長時間同じ姿勢を続けた時

○脚を酷使した時

○下着や靴などの締め付け

○水分の過剰摂取

○睡眠不足

がありますが、

 

慢性的なむくみは、

○運動不足

○ストレス

○冷え症や低体温

などによる慢性的な血行不良が原因しています。

 

脚は心臓から遠く、しかもかなり下に位置しているので、血行を良くする為には血流を押し上げる筋肉の頑張りが必要です

しかし脚の筋肉に疲労が溜まると、その頑張りが利かず血行不良を起こしてしまい、それが脚のむくみとなって現れます。

 

 

「むくみの改善には、”冷やさない”習慣を」

 

日常生活の中で、脚のむくみの改善に効果的なのは、やっぱり入浴。脚は重力の関係上、どうしても血液が滞りやすい部位です。シャワーだけで済ませるより、湯船につかるほうが脚も温まり、水圧によってむくみも軽減します。

 

おススメは長めの半身浴。ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、脚を伸ばしてリラックス。じわじわと汗をかくまで入ることが大切

そうすることで体内の老廃物も汗と一緒に出て行ってくれるので、一石二鳥です。

冷えや脚の疲れも取るためにも、疲れていてもできるだけ入浴して、湯船で温まるようにしましょう。

 

入浴のほか、仕事などでどうしても同じ姿勢を続けなくてはならない場合は、合間に軽い運動やストレッチなどで身体を動かし、血行を良くしてあげましょう

そして疲れを溜めないよう、睡眠・休養をしっかりとることも必要です。

 

このように、ライフスタイルを見直すだけでも、むくみを軽減できますので、まず自分で出来ることからスタートしてみましょう。

 
〈コラム〉ムクミや冷えでお悩みの方 必見!
 
冷え性改善で治る100症例 ~気になる身体の不調~


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ