(2 / 9ページ) | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

お客様の声

吉兆堂薬局では、下記のようなお喜びの声を多数いただいています。

冷え性は季節の変わり目もつらい2018/4/14更新

新緑の暖かい季節になってきたのに
足が冷たく、気温の変化に身体がついていかなくて、
体調がすぐれない日が続いていました。
 
そんな時に主人がネットで調べ、
漢方で身体を治すように注文してくれました。
 
届いた時に直ぐに飲み、数日目ですが、
何となくポカポカする感じです。
 
冷え性だと、冬から春の暖かくなる時期もつらいですが、
明るい光が見えてきた感じで、
このまま体質改善して元気になりたいと思います。
 
Tさま 40代女性
 
images[2]
 

追伸:
冷え性が辛いのは、冬の間だけではありません。
身体の内が冷えていると、
季節の変わり目に身体が気温差についていかなくなり、
体調不良になりがちです。
 
身体が芯から温まるようにしましょう。
 

自律神経を整えるためにも 冷え性改善2018/4/07更新

急に悪寒が走り気持ち悪くなることが度々あり、
年々症状がひどくなっていました。
 
また夏になると、クーラーが非常に辛く、
このような症状も、年々強くなっていました。
 
自律神経が乱れているようで、
吉兆堂薬局さんの漢方を飲み始めることにしました。
 

少しでも改善されると嬉しいですね。
しばらく続けてみます。
 

Dさま 50代女性 
 
images[5]
 
追伸:
冷え性はほおっておくと、さまざまな体調不良を引き起こしますね。
とくに内臓が冷えていると、さまざまな不調を引き起こし、
自律神経も乱れやすくなります。
 
春から夏の季節は、特に身体の内が冷えやすくなりますので、
身体の内を温めることを心がけましょう。
 

高齢出産後の身体の不調 2018/3/31更新

40代で2人めの子供を授かり、その後主婦をしながら過ごしていました。
 
しかし50代半ばの今、
身体が思うようについていかなくなり、
とても辛く感じるようになりました。

 
漢方で2人めを授かったこともあり、
今度は自分の身体を丈夫にしようと吉兆堂薬局さんを訪れました。
 
長年の冷え性、また身体の無理を続けてきたこともあり、
すぐには無理かな、と思い
じっくり取り組むつもりで「冷え取り漢方」を飲んでいます。
 
つい子供のことばかりに目がいって、自分が疎かになりがちですが、
「家族のためにも、まず自分が大事」
というアドバイスで、身体を大切にしようと思いました。
 
おかげさまで、今年の冬は例年より楽に過ごせました。
漢方で身体の根本から力をつけていくことに、安心を感じています。

imagesCA1XCYXC

コメント:
高齢での出産子育ては、身体に負担がかかりますので、
大きくなっていく子供たちを心配する気持ちもありますが、
以前ほど無理が効かなくなっているご自分の身体を、
もっといたわらないといけなくなってきます。
 
高い年齢での子供を授かる場合、
愛おしい気持ちが強く、でもご自分の身体も疲れてきますね。
 
家族のためにも、親は健康で元気を維持したいものです。
 

まぶたのケイレンが改善しました。2018/3/03更新

ストレスで、まぶたのケイレンが約半年間続いていました。
 
吉兆堂薬局さんの漢方を飲み始めたところ、
おかげさまで2週間ほどで改善しました。
 
冷えのぼせも少し楽になってきました。
ありがとうございました。
 
Kさま 50代女性
 

追伸:
まぶたのケイレンは疲れやストレスで起こりがちですが、通常は数日で治まります。
半年間も続いておられたのは、
ストレスと冷えの悪循環で治りにくい体質になっておられたのでしょう。
 
ストレスの漢方だけでなく、
冷えのぼせの漢方も足されたことの相乗効果で
早めに改善されたのだと思います。
よかったですね。
 

花粉症が楽になりました2018/2/17更新

冷え性を改善したくて、吉兆堂薬局さんの漢方を飲み始めたのですが、
飲み始めて数ヶ月でスギ花粉の症状が楽になりました。
 

昨年は強い薬が必要だったのに、
今年はほとんど薬を飲まずにスギ花粉を乗り切ることができました。
 

嬉しいです。
 

Sさま
 
images[2]

平熱が上がりました2018/1/27更新

2年くらい、吉兆堂薬局さんの冷え性の漢方を毎日続けています。
1日1杯お茶のように飲んでいます。
 

おかげで平熱が35度台だったのが36度台になりました。
 

この差はとても大きく、やった!と思います。
 

あと普段は便通もいいのですが、最近少し柔便なので、あと何か足した方がいいかな,と考えています。
 

吉猫NEWSは毎月とても楽しみです。
これからも漢方の世話になりながら、いろいろ勉強もさせていただきたいと思います。
 
Sさま
 

images[4]
 
追伸:
体温は体調と関わりが深く、体温が正常に上がってくるとともに体調も回復される方が多いですね。
 

冷え性の方の中には便秘や柔便でお悩みの方も多いものです。
お腹の悩みは、冷えを改善しながら善玉菌を補給されるといいでしょう。
 

ただし、腸内の善玉菌には相性があるので、自分のお腹に合ったものを選ぶ必要があります。
ヨーグルトやサプリも試してみて、調子のよさそうなものをお続けになられるといいですね。

つらかった喘息も、ようやく楽になりました2018/1/15更新

初めて吉兆堂薬局を訪れた時は、
冷えて疲れやすく、足のむくみ、不整脈、高脂血症、花粉症、
そしてつらい喘息など、体調不良がいっぱいあり、
本当に不調でした。
 

冷え取り漢方と一緒に、体調に合わせた漢方を飲み、
ひとつづつ不調が改善されていき、
2年経った今、
ようやくしつこい鼻のグズグズと喉が楽になってきました。
 

咳がひどく、夜も横になることができなくて、
体質だから治らないのかな、と
諦めたくなる時もありましたが、
 

他の症状は改善されているし、
一番弱い鼻と喉だけはじっくり治していこうと思い、
続けていたら、
気がついたら、鼻や喉のグズグズと咳がかなり軽くなっていました。
根気よく体質改善を続けてよかったです。
 
images[2]
 

追伸:
身体の不調や病気の程度は、
ピンからキリまですごく差があるものです。
軽い症状は早く改善しますが、
しつこい症状は、どうしても時間がかかってしまいます。
 

弱っている部分の毛細血管の血流が改善していけば、
機能回復していきますので、
じっくり取り組んでいきましょう。
 

しかし、漢方やサプリをずっと飲んでいても
効いているのか全くわからない、というお声もよく伺います。
成分の質の問題や配合量が少なくて、
続けていても効かないものも多く出回っていると思います。
 
しかし、冷えが放置されたままのために、
それが原因で体調不良を起こしていたり、
せっかくの成分が行き届いていない場合も多いのです。
 

冷え性漢方で、つらい手の冷えから解放されました2017/12/09更新

images[5]
もともと冷え性で、とくに寒くなると、
毎年異常な手の冷えがつらくて、しもやけができることも度々でした。
 
いろいろ漢方も試しましたが、なかなか改善されません。
 
吉兆堂薬局さんの冷え性漢方「温参霊」も始めは半身半疑でした。
しかし、飲み始めて手の先がじわっと温まる感覚があり、
「今までと違う」と感じ、続けてみることにしました。
 
今までは、いつも冷たかった手が、
ポカポカするようになり、気持ちよく感じています。
 
以前と比べて疲れにくくなり、
睡眠不足の時でも、わりと平気で元気いられます。
 
寒がりが全くなくなったわけではありませんが、
確実に身体が温まって元気になっています。
 
冬になると、毎年あまり動きたくなかったのですが、
いろいろやれそうな気がしてきました。
 
Oさま  50代女性
 
冷え性改善で治る100症例 ~気になる身体の不調~

冷え性改善、身体の悩みは身体の内側から2017/11/02更新

40代後半より、自分の身体は血流が悪いのでは?と思っていました。低体温で35.8度。顔は赤ら顔で毛細血管が出ていました。冷や汗をかくと服に色や臭いがついてしまい、代謝も悪い状態。このままではダメだと思い、子供たちの自立をきっかけに、自分のために漢方を飲み始めました。
 
温参霊女性煎じを定期的に飲み始めたら、爪の色はピンク色になり、赤ら顔はなくなり、肌の状態も良くなってきました。
 
「病気は身体の内側から治す」ということを本当に実感しました。
現在、平熱は36.4度です。このまま漢方を続けていこうと思っています。
Sさま 50代女性
 
 
コメント:
冷え性で毛細血管の血流が悪くなると、様々な体調不良を引き起こしますが、赤ら顔や体臭もその中の一つ。
赤ら顔は、健康な証拠ではなく、むしろ下半身の冷えから生じる上半身の「のぼせ」で出てくる場合が多いのです。

また、冷え性だと代謝が悪くなるので、老廃物の排泄が悪くなり、その結果体臭で悩むという事にもなりますね。

50歳前後になると、血流が悪くなり、身体の弱い所に不調や病気が出やすくなりますので、是非ご自分の身体のために投資してみて下さい。

冷え取り入浴剤は“あせも”にもいいですね2017/10/28更新

今年の夏、主人の身体にあせもができてしまいました。
最初はあせも専用の塗り薬を塗っていましたが、
太ももを中心に全身に広がっていましたので、
他に何かないかな?と考えて、
昨年の冬に使用した吉兆堂薬局の冷え取りの入浴剤を入れてみました。
 
1週間ほどした頃、あせもはきれいに治っていました。
その後、あせもができそうになると
この入浴剤を入れていましたので、肌は落ち着いていました。
 
冷え取りの薬用入浴剤は、冬、夏に良いですね。
 
Nさま 50代女性
 
images[5]
 
追伸:

あせもや湿疹は、つい、冷やしたくなるものですが、
温めて発散させた方がよい場合も多いのです。
患部が熱や炎症をおこしていない場合、
冷え性で血の巡りの悪い方には、その方がふさわしいといえます。
 
冷え取りの入浴剤は、身体を温め巡りを良くする漢方生薬が
ティーパックに包まれていて、袋ごと湯船に入れるタイプ。
寒さが気になるこれからの季節に、
湯冷めを防いだり、お風呂でしっかり温まることができます。
 
詳しくはお電話でお問い合わせください。
 

温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ
吉兆堂薬局オリジナル商品
無料資料請求
無料資料請求