熱中症になりやすい水分不足の原因に、実は冷え性が関わっています | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

熱中症になりやすい水分不足の原因に、実は冷え性が関わっています2015/7/30更新

images[1]
これだけ暑くなってくると、「熱中症」を注意するニュースが連日のように流れています。

なぜこれほど「熱中症」の話題が増えてしまったのでしょうか。

気温が高いこともあります。

しかしもうひとつの原因として、「熱中症になりやすい人が増えてしまった」ということがないでしょうか。

これは「冷え性」の人が増えているということと深い関係があります。

 

冷え性の人が、なぜ熱中症?と思われるかもしれませんが、

その理由として、まず冷え性の人は水分を欲しがらないことがあげられます。

熱中症の予防には「水分摂取が大切」と言われていますが、

水は身体を冷やすために、冷え性の人は水分をあまり欲しがらないのです。
(無理して冷たい水を飲むことで、胃腸の具合が悪くなる人もいます。)
 

冷え性の人は、冷えと水分不足で代謝が悪くなり、体温を調節する力も落ちています。

ですから急に気温が高くなると、身体が上手く対処できずに、いきなり熱がこもってしまうのです。

 

現在日本人の体温は下がっており、35℃台の人も珍しくはありません。

しかし体温が下がると身体はいろいろな不具合をだすようになります。

体温調節がスムーズにできないということも、そのひとつです。

 

熱中症を予防するために、
暑い時期にはエアコンを上手に使うことは必要です。
また十分に水分補給をすることも大切です。
 
しかし冷えた部屋で冷たい飲み物をガブガブ飲んでいると、新たに「冷え性」を作りだし、

胃腸も弱くなり、身体のだるさにもつながります。
それで体調を崩す人も少なくありません。

 
昔から「夏は暑い番茶を飲むといい」といわれています。
日頃から身体の内を温めておくことが大切なのです。
 
お腹を中心にしっかり温めると、水分を摂りたいと思うようになります。
身体の内を温めて、水分をしっかり取ることが、夏を元気に乗り切る秘訣ではないでしょうか。
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ