タヒボ | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

タヒボ

タヒボ
タヒボは、南米アマゾン川流域で1500年以上も前から「神からの恵みの木」として崇められていた樹木です。先住民たちは代々その樹皮を煎じたお茶を飲用し、健康維持に役立ててきました。この神秘の樹木茶が長く伝承されてきた謎と実際の樹木を科学的研究によって解明し、現代に蘇らせたのが健康茶「タヒボ」です。

「タヒボ」の原料は、南米ブラジル・アマゾン川流域に自生するノウゼンカズラ科の樹木タベブイア・アベラネダエ(通称タヒボ)の靭皮。外皮の内側のわずか7mmほどの部分だけが「ディボタヒボ」の原料となります。

ノウゼンカズラ科のタベブイア属に属する樹木は数が多く、北米・南米で100種類以上も分布しています。タベブイア の樹木は、ブラジルではイペー、パウダルコ、ウーバなどと呼ばれ、白、黄、ピンク、紅、紫、橙色などの色の花を咲かせます。その中でもイペー・ロショ(紫イペ)と呼ばれる紫色に区分される種類が最も多く、50種以上も確認されています。
赤紫色の花を咲かせるタベブイア・アベラネダエは、種類的にはイペー・ロショの一種です。花が紫色のインペティジノーザ種など、よく似た樹木があるので注意が必要です。
 
原材料名:タベブイア・アベラネダエ抽出物

煎じるタイプ 30包 ¥20,000(税別)
粉末タイプ    15包 ¥12,500(税別)
         30包 ¥25,000(税別)
         30包 ¥50,000(税別)

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ