「むくみ」、「めまい」、「異常な汗かき」の原因は? | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

「むくみ」、「めまい」、「異常な汗かき」の原因は?2014/5/31更新

imagesCAF0VGW5
つらい「めまい」や「むくみ」、「異常な汗かき」。
梅雨から夏にかけて、こうした症状でお悩みの方が増えてきます。
これらは漢方では「水毒」といわれる症状です。
 
めまいには、ぐるぐると目が回るもの、立ち上がった時にクラッとするもの(立ちくらみ)、
身体がフワフワするものがありますが、どれも原因は「水毒」と「血行不良」です。
 
また血液や体液の循環が悪くなって、皮下組織に余分な水が溜まった状態が「むくみ」です。
 
大量に汗をかくのは、体表面に水が溜まっているからで、
尿として排泄できないと、余分な水を汗腺から出そうとするからです。

 
これらはいずれも水分代謝が悪い「水毒」の状態で、
背景には基礎代謝の低下と冷えがあります。
 
尿の量が極端に多かったり少なかったり、
あるいは空腹時にお腹のあたりを軽く叩いて
水音が聞こえたり、という症状がある場合に「水毒」が疑われます。
 
水毒症状は「腎虚」といって、
もともと腎が弱い方(ホルモンバランスが弱い方でもあります)に出やすいのですが、
それ以外に、胃腸が弱い、
アルコール飲料や清涼飲料水、甘い物の摂り過ぎも原因として指摘されています。
 
よく「1日2ℓの水を飲みましょう)などと言われますが、これは冷えのない人の話。
冷えて代謝の悪い人が水を大量に飲むと、
「水毒」がますます身体にたまり、体調を崩してしまうことになります。
特に湿度が高くなる梅雨の時季には、体内の水分が排出されにくくなりますので注意が必要です。
 
大量に汗をかく夏は、血液がドロドロになりやすいので、しっかり水分を摂ることは必要です。
しかし身体が冷えていると、代謝がスムーズにいかないために余分な水をためこみ、
「水毒症状」に悩まされることになってしまいます。
 
水分補給に加え、同時に冷え対策をするようにしましょう。
 
〈コラム〉辛いめまいを徹底解析!
〈コラム〉ムクミや冷えでお悩みの方 必見!
〈コラム〉汗かきなのに冷え性?
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ