ガンマLA | 冷え性漢方の吉兆堂薬局

ガンマLA

gamma
高濃度のγ(ガンマ)リノレン酸とビタミンEを配合
γ(ガンマ)リノレン酸は、私達の身体にとって必ず必要とされる「オメガ6系の脂肪酸」です。微生物由来のγ(ガンマ)リノレン酸を発酵培養抽出製法により抽出し、高濃度に配合しています。食事からの摂取が難かしいために、サプリメントでの摂取が向いています。

 
原材料名:γ-リノレン酸、ビタミンE

30粒入 ¥3,000(税別)
90粒入 ¥8,050(税別)

※1日3~6カプセル
 

必須脂肪酸とは?

脂肪は成長や健康維持のために必要な栄養素です。その中でも身体にとって不可欠で、しかも体内で合成することができない脂肪を必須脂肪酸といい、食事から摂らなければいけません。必須脂肪酸は細胞膜を構成する成分になり、コレステロールや高脂血症の予防に効果があるといわれています。また、不足すると抵抗力が低下して、皮膚炎や感染症に罹りやすくなります。
必須脂肪酸には、サラダ油などに多く含まれるオメガ6系の必須脂肪酸(リノール酸)と、魚に多く含まれるオメガ3系の必須脂肪酸(EPAと DHA)などがあります。現代の食生活がリノール酸に傾いていることから、魚を食べてEPAと DHAを摂るようにいわれています。
 

なぜ γ(ガンマ)リノレン酸なのか?

γ(ガンマ)リノレン酸はオメガ6系の必須脂肪酸で、通常の食事では摂取が困難です(但し母乳には含有)。通常は、リノール酸(大豆油・ゴマ油・紅花油などに含有)を摂ると、肝臓で特殊な酵素が働いて作られています。しかし些細なことで影響を受け、老化による肝機能低下、アルコールの過剰摂取、高血圧、糖尿、高脂血症、またアトピーや免疫疾患があると作られにくくなります。またリノール酸の摂りすぎでも、γ(ガンマ)リノレン酸の生成は阻害されるようになります。このような理由からγ(ガンマ)リノレン酸不足の人が増えているのが実情です。
 
オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸の摂取比率は4:1~10:1といわれています。世間では、青魚の血液サラサラ効果やオメガ3系の魚の油の必要性が目立っていますが、γ(ガンマ)リノレン酸の不足を見直してみるとよいでしょう

冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ
吉兆堂薬局オリジナル商品
無料資料請求
無料資料請求