身体温め食材で,むくみを解消 | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

身体温め食材で,むくみを解消2016/6/21更新

身体がむくんでいる時って、
その部分が2~3倍に腫れあがったような感覚で重苦しくなりますね。
むくみの症状は、暑い季節に特に感じますが、
実はむくみの原因に、「冷え」が深く関係しています。
むくんでいる足を触ってみてください。
ヒンヤリ冷えていませんか。
 
夏は汗をかくために体内の水分が失われるため、
自然に水分を補おうとしてむくみやすくなります。
また体を冷やそうとして、冷たい飲み物をたくさん飲むことが増えるため、
体内にどんどん水分がたまっていきます。
 
水分を補給をしようとしている身体に、
冷たい飲み物や冷房で身体が冷えて、水分が溜まりやすくなっているのです。
 
むくみで辛い症状を軽減させるには、身体の内側からしっかり温めてあげることが大切。
では具体的にどうすればいいのでしょうか?
 
夏は暑い→だから冷えない
冬は寒いけど→暖房ありコタツありで、ちっとも冷えてない、という認識は間違い!
 
夏は屋内の殆どが快適な冷房天国。
冬は一歩外に出たり、空気の入れ替えで窓を開けると冷気に身体がさらされます。
またいくら外側だけが温かくても意味がありません。
まずは内臓を温めることで、やっと血行が良くなってくるのです。
 
真夏の猛暑日が続くと、
お風呂には入らずにシャワーだけで済ましちゃおうかな…という人も多いことでしょう。
でも、それはNG。
特に血行の悪い人・冷え性の人・むくみの気になる人は出来るだけ入浴することが大切。
それもぬるめのお湯にゆっくり半身浴というのがベストです。
 

じんわり汗をかく程度まで手足の力を抜いてリラックスして入りましょう。
そうするで手足の先まで血行が良くなり、筋肉の疲労も軽くなり、冷えにもむくみにも効果大となります。
また汗をかくことで体内の老廃物が排出され、代謝が良くなるというメリットもあります。
入浴後は水分の補給を忘れないようにしましょう。
 

「身体を温める食材をチェック」

身体の内側から温める食材も積極的に摂り入れましょう。
東洋医学で次のような物が身体を温める食材と言われています。
 
かぼちゃ・さつまいも・生姜・唐辛子・にんにく・小松菜・ねぎ・ニラ・玉ねぎ
豆板醤・醤油・味噌・ワサビ・ゴマ・鶏レバー・豚レバー・鮭・かつお・イワシ・エビ
飲み物では紅茶や赤ワイン・日本酒もいいそうです。
 
images[3]
 

逆に身体を冷やしてしまう食材は、
きゅうり・トマト・茄子・セロリ・レタス・スイカ・バナナ・柿・レモン
冷奴・白パン・お菓子・白砂糖・合成酢・バター・マヨネーズ
飲み物では緑茶・コーヒー・ビール・清涼飲料水などが挙げられます。
 
寒い時期に旬を迎える物や寒い地方で収穫される物が身体を温め、
暑い時期・暑い地方で収穫される物は身体を冷やす性質があります。
 

「生姜の効果」

身体を温める食材として注目されている生姜。
冷奴に、刺身に、炒め物に、紅茶にと
いろんな物に相性の良い食材なので常備している人も多い筈。
しかしこの生姜も間違った食べ方をすると、逆効果になるので注意が必要です。
 
生姜というと生で食べることが多いのですが、
実は生の生姜は解熱作用を持っており、身体を冷やします。
逆に生姜を加熱して食べると、胃やお腹の中からポカポカと温めてくれます。
生姜はインドや中国などでも古くから医学的に利用されてきた食材。
漢方薬では、利尿作用のある生薬と一緒に処方されることが多く、
身体を温め血行をよくすることで、むくみの改善に役立ちます。
 
images[1]
 
「冷えは万病の元」というのは、
遠い昔の時代から伝え続けられてきたことです。
健康な身体になるには、温かい身体であることが必須。
時代や環境が変わっても、ずっと変わらないことなのです。
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ