暑い夏こそ要注意!?「隠れ冷え性」が急増中! | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

暑い夏こそ要注意!?「隠れ冷え性」が急増中!2015/7/03更新

Woman with stomach issues

梅雨が終われば、本格的な夏の到来。

薄着や素足でおしゃれを楽しんだり、ついつい冷たい飲み物をとってしまうことも。でも、気温が高くなるこの時期こそ、油断は禁物!手足がポカポカして汗をかくのに、お腹や太ももを触ると冷たいなんてことありませんか?それは「隠れ冷え性」のサインかもしれません。

 

◆隠れ冷え性って?
隠れ冷え性は「内臓型冷え性」とも呼ばれ、文字通り内臓が冷えてしまうこと。

内臓に十分な血液が届かなくなることで、だるい、疲れやすいなどの症状や、肌あれ、むくみ、下痢、便秘、アレルギーなどさまざまな不調を引き起こします。さらに内臓が冷えることで代謝が下がり、やせにくい体質に放っておくと普通の冷え性以上に厄介で、女性にとって“百害あって一利なし”と言われています。

 

まずは「隠れ冷え性」になりやすい体質かどうかをチェック!

 平熱が35℃代
 お腹まわりや太もも、お尻が冷えていることが多い
 手足や顔まわりは温かい
 胃腸の調子が悪くなることが多い
 肌あれしやすい
 肩こりや頭痛がある
 下半身が太りやすい
 汗をかきやすい
 入浴はシャワーで済ますことが多い
 ほとんど運動をしない

 

当てはまる項目が多い人ほど、「隠れ冷え性」の可能性大!
「夏は冷え性なんて心配なし!」と思っている人こそ注意が必要です。

 

◆自覚症状がない!?夏の冷えが怖いワケ
夏は外気温が高く、汗をかきやすいので、もともと冷え性の人でも気づかずに過ごしてしまいがちです。また暑さで体の熱が逃げやすくなっている状態のなか、エアコンの冷気や冷たい飲み物・食べ物をとることによってさらに体の熱が逃げて冷えてしまいます。室内と室外で温度差が激しいため体温調節を行う自律神経が乱れやすく、血液のめぐりが悪くなるという一因も!

 

◆夏でも体を冷やさない3つの習慣

1 スムージーより、一杯のみそ汁♪
酵素たっぷりで美容・健康によいといわれるスムージーやサラダですが、体を冷やす生野菜は冷えの大敵!野菜をとりたいときは、さっと蒸した温野菜や温かいスープ、みそ汁などにするといいでしょう。大根、にんじん、ごぼうなど体を温めてくれる根菜類を使うとさらに◎!

 

2 適度な運動で筋力アップ
体の熱は筋肉でつくられます。運動不足になると筋力が落ちてしまい、ますます熱をつくらなくなって体を冷やすという悪循環に。ウォーキングをかねてひと駅先のスーパーまで買い物に、料理をしながらかかとの上げ下げ運動をしてみるなど、日常生活で続けられることから始めましょう。

 

3 薄着の季節こそ腹巻が活躍!
隠れ冷え性の人が“お腹まわり=内臓”を冷やすのはNG!とは言っても、冬のような重ね着も限界があります。そこでおすすめなのが腹巻。お腹だけを部分的に暖められて、洋服に響かないから外出時のおしゃれも普段通りでOK♪暑くて蒸れたり汗をかくと余計に冷えを促してしまうので、シルクなどのさらっとした素材や薄手のタイプを選びましょう。


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ