めまい・耳鳴りの原因は低体温!? | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

めまい・耳鳴りの原因は低体温!?2015/12/26更新

体調が悪くなければ測らない!という人も多い体温。
自分の平熱をご存知でしょうか?
最近は平熱が36度以下の人も増えてきています。
 
健康な人の平熱は、36.5度前後といわれており、
低体温と分類されるのは一般的に36度未満。
女性に多いイメージですが、実は男性や子どもにも増えています。
 
低体温からくる慢性的な血行不良が「めまい」「耳鳴り」の原因に

平熱が低い(低体温)のは、慢性的に身体が冷えている状態。
身体の内が冷えると自律神経が血管を収縮させる為、
血流が制限され血行が悪くなります。
特に首から上は毛細血管が多く、
血行不良からくる影響を受けやすいため、
内耳や脳の機能の低下に繋がりやすく、
それが「めまい」を引き起こす原因となります。
 
低体温は万病の元
冷えや低体温は万病のもとと言われ、
あらゆる疾患の原因となっていることが少なくありません。

 

体温が1度下がると、免疫力は30%以上低下し、
様々な感染症にかかりやすくなります。
 
それだけでなく、慢性的な冷えは…
頭痛、めまい、肩こり、首こり、耳鳴り、
腰痛、下痢、便秘、婦人科疾患、不眠など、
さまざまな不調を招いてしまうのです。
 
imagesCAL7O0WJ
 
低体温や冷え性の原因は
生活リズムや食生活の乱れ、運動不足、無理なダイエット、ミネラル・ビタミンの不足、
ストレスによる血行不良や自律神経の乱れなどがあります。
 
低体温や冷え性を改善するために
まずは規則正しい生活、また身体を冷やさない食事も心がけましょう。
清涼飲料水やコーヒー・緑茶・牛乳といった飲み物、
きゅうり・トマト・茄子などの夏野菜、マヨネーズや砂糖も
身体を冷やすと言われています。
  
そして一番厄介なのがストレス。
目に見えないばかりか、ストレスを受ける側の個人差も大きく、
解消法はケースバイケースです。
心身の負担を減らすために、睡眠と休養をしっかり確保し、
自分の好きな趣味などで気分転換をするといいでしょう。
常に前向きな気持ちでいられると、ストレスも感じにくくなります。
 
また低体温には筋肉量の低下が大きく関係している為、
スポーツなどで積極的に身体を動かすこともおススメです。
   
めまいや耳鳴りの他に、激しい頭痛やふらつき・吐き気や嘔吐、感覚の異状などが伴う場合は、

他の病気が隠れている可能性がありますので、早急に病院を受診しましょう。

脳梗塞や脳腫瘍といった病気が隠れている可能性があります。
また長引くめまいや耳鳴りも、一度病院で診てもらう方が良いでしょう。
  
それで異常がなければ、心配がひとつ減って、ストレスも軽減されます。
身体の内を温めて血液の巡りを整えていきましょう。
  
漢方では、めまいや耳鳴りに対して「血流改善」「水毒」「補腎」で整えていきます。
特に血行を良くすると、低体温や冷えも改善され、
身体のあちこちに感じていた不調も少しずつ整っていくことでしょう。

 
冷え性改善で治る100症例 ~気になる身体の不調~

冷え性改善で治る100症例 ~目や耳の不調~


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ