ホルモン剤が下腹冷えの原因に?! | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

ホルモン剤が下腹冷えの原因に?!2016/8/19更新

女性ホルモンの働きは
女性ホルモンの働きには、
毎月の月経を起こすこと、
妊娠を助け、それを維持することがあります。
しかしそれ以外に、
 
①肌に潤いやツヤを与える、

②内臓肥満を予防、

③血管を守り血液をきれいにする、

④骨を丈夫にする、など重要な働きをしています。
 
毎月の生理のお悩みに対しての治療法のひとつに、ホルモン療法
毎月の生理の痛み、出血、貧血などの症状に対して、

西洋治療では、鎮痛剤や増血剤による対症療法で改善できないと、

ホルモン剤で生理を止めてしまう方法をとります。

また無月経に対しては、生理をこさせるためにホルモン剤を使います。
 
更年期のお悩みに対しても、ホルモン剤は使用されています
女性ホルモンが徐々に減っていく40歳からは、身体の衰えが気になり始めます。

若々しい人と老けて見える人の差が開くときで、

何事もなく元気に過ごす人もいれば、さまざまな体調不良で悩む人もでてきます。
この時期の体調不良は、減少する女性ホルモン(エストロゲン)を増やそうと、

脳が信号を送り続けるために起こる、脳のパニックが原因です。

それで西洋治療では、減少する女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」を提唱されています。
 
ホルモン剤は、効果が速やかな反面、副作用もでやすい
このように、ホルモン剤は女性の身体の不調に度々使われています。

しかし女性ホルモンの一生の分泌量はティースプーン1杯程度といわれています。

微量で強い効果をもっていますので、外部からホルモン剤を投与した場合、

効果は速やかに現れますが、反面、副作用も現れやすくなります。
 
ほとんどのホルモン剤の副作用として挙げられているものに「血栓症」があります。

ホルモン剤には血液を固まりやすくする作用があり、脳血栓や肺血栓を引き起こすこともあります。
 
また乳がん、子宮体がんのリスクもあります。
 
そのために、一般的に35歳以上、たばこを1日に15本以上、肥満の人は
副作用のリスクが高いという理由から、

ホルモン剤投与は避けた方がよいとされています。

また更年期のホルモン補充療法も5年くらいまでが目安とされています。
 
●ホルモン剤使用の目的
月経調整、生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、
骨粗しょう症、更年期障害、乳がん、前立腺ガン
 

●主なホルモン剤の副作用
発疹、顔のむくみ、食欲不振、頭痛、めまい、
肩こり、身体のだるさ、発汗、発熱、吐き気、のぼせ
 
【血液サラサラ生活】
血栓症と診断されなくても、ホルモン剤は血液がドロドロになりやすいといえます。

漢方では、長期のホルモン剤は「瘀血」ができると考え、下腹から下半身が冷えてきます。

「めまい」「むくみ」「便秘」「静脈瘤」などの体調不良を引き起こしやすく、
下半身の病気の原因になります。
 
ホルモン剤を使用している場合には

①血液がドロドロにならない食生活に気をつける

②運動で血流をよくする

③冷えを改善するようにしましょう。
 
食事や運動だけでは改善されない
「瘀血」を漢方で解消!

不足している血液を補い、子宮や卵巣に栄養を届け、
老廃物を排泄して、しつこい滞りをとっていきます。
詳しくはこちら≫
 
また漢方によるホルモン力アップなら、副作用の心配がありません。
詳しくはこちら≫

お身体には個人差がありますので、一度ご相談ください。
ご相談電話:0120-29-3955
        <火曜日~土曜日(祝日除く)10時~18時>


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ