冷えの季節から暖かい季節への変わり目にでやすい症状  | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

冷えの季節から暖かい季節への変わり目にでやすい症状 2015/4/06更新

首こり、肩こり、頭がボーッ、物忘れ

筋肉が突っ張る ・動悸 ・痔 ・頭が重い・・・などの不調でお悩みの方
血が滞って(瘀血)、鬱血していませんか

 
嬉しい春がやってきました。
しかし身体に変調がでやすいのもこの季節です。
身体の内(肝)に蓄えられた血液が巡り始めるので、
「肝」が疲れていたり弱っていると、それに伴う症状が現れやすくなります。
 
【肝血虚からくる症状】:
ひとつ目は、血液が不足状態になること。蓄えが少ないと酸欠や栄養不足になり、
思考力が落ちてぼんやりしたりモノ忘れが多くなったり、
酸素が行き渡らないことで
筋肉がこわばり、肩こりや首こり、腰痛を引き起こしたりします。
パソコンなど目を使う人は血を消耗するので、目の不調がでやすくなります。
 
【瘀血(血の滞り)、鬱血の症状】:

二つ目は、巡り始めた血液が、滞りのある部分で鬱血しやすくなっています。

お尻が鬱血して「痔」のお悩みも増える時です。
首こり、肩こりも感じやすく、脳梗塞も増える時です。
日頃から血液の流れが良ければいいのですが、
冷えがあったり瘀血があると鬱血も起きやすく体調不良が現れやすくなります。
ストレッチや運動で身体をほぐすようにしましょう。
 
images2RIYLSKX
 
また漢方には不足した血を補う生薬、鬱血をほぐす生薬を組み合わせた処方も多くあり、
この時期の体調不良にも向いています。
特に「丹参」には血液中の血栓を予防し、
血液の流れをスムーズに、血管の老化も防止しますので、
血圧が気になる方や・高脂血症に、
また脳梗塞、脳血栓、虚血性心疾患の予防にご利用いただけます。
 
『牛黄』には開竅作用といって、
「血液の詰まり」、「気の詰まり」を改善する働きがあります。
血管が緩み始める時ですが、ストレスや疲労が溜まっていると、
血液や気もスムーズに流れずに、部分的に滞りを生じ詰まりがちになります。
牛黄は身体のバランスを整えて、血管や気持ちも広げて流れを良くします。
 
また「牛黄」には、身体にたまった老廃物を解毒排泄する優れた働きがあり、
その他、強心、肝臓強化、血栓予防、貧血、血圧降下、解熱、鎮静、抗炎症作用があります。
効果を実感するまでに時間がかかると思われがちな漢方の中で、
シャープな効れ味を持ち、漢方の王様とも言われています。
この季節、お役に立てる漢方です。
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ