首こり、肩こりの原因は? | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

首こり、肩こりの原因は?2015/1/15更新

首こり、肩こりは、多くの人が感じている不快な症状です。
感じ方には個人差があり、
常に“コリ”を感じている、パソコンを使用した時だけ“コリ”を感じている、時々“コル”というように、
頻度はまちまちですが、ひどい慢性の首こりや肩こりで悩んでいる人は、とても多くなっています。
ただでさえ寒くなると身体が縮みがちになります。
筋肉の緊張を緩め、血液の巡りを良くして改善していきましょう。

 

首こり、肩こりの原因は?

どのような時に“コル”かを自覚している人もいれば、
よくわからないが、いつのまにか力が入ってしまい、こってしまう、という人もいます。
首こり、肩こりを引起す原因となるものには、次のようなものが挙げられます。

 
姿勢によるもの
座り続けることで、特定の筋肉が収縮し続け、姿勢を支える筋肉の働きが低下して、
頭や腕を支える頚部の筋肉に負担が生じます。
同じ姿勢から解放される機会が少ない場合、筋肉の緊張が慢性的になり、“コリ”を感じるようになります。 
筋肉は“コリ”を起こすだけでなく、血行不良もおこしています。
 
精神的な緊張によるもの
知らない道を車で走る、苦手な人との会話など、精神的なストレスにより、
緊張させる神経系の働きが優位になり、首・肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなってしまうことがあります。
一時的な場合は緩和させやすいですが、連日緊張が続くと“コリ”が慢性化してきます。
 

目の疲労によるもの
ジッと目を凝らすとか細かい作業が続いた場合、焦点を調整する機能が低下することがあります。
すると“コリ”を起こす筋肉が緊張するようになり、肩こりや首スジの張りを生じるケースがあります。
目を酷使する際に、精神的な緊張が加わると、自律神経系も乱れやすくなり、
“コリ”が悪化して、視力低下も招きやすくなります。

 

冷えなどの温度に関するもの
身体に冷えがあると、自然に力が入り、毛細血管を収縮させ体温を逃がさないように反応します。
それが“コリ”をおこしてしまいます。

 

「冷え」や「ストレス」からくる“コリ”の改善に冷え取り漢方が効果的

万能の霊薬と云われ古来から貴重な漢方として親しまれてきた、
高麗人参(紅参、実)と霊芝が配合された冷え取り漢方は、
赤血球変形能に優れ、免疫と自律神経のバランスが調うことで、 
血液が毛細血管までしっかり巡るようになります。

 
冷え取り漢方について詳しくはこちら≫
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ