夏こそ 冷え取り漢方が役立ちます | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

夏こそ 冷え取り漢方が役立ちます2013/6/28更新

漢方では夏は「脾胃」の弱さの症状がでやすいといわれており、
もともと胃腸の弱い方は、夏になると調子を崩しがちになります。
特に負担をかけていないのに、
食が落ちたり、もたれやすくなったり、お腹が張る、また下痢をするなどの
症状がでやすくなったりします。
 
しかし一方で、胃腸は弱くないのに負担をかけ過ぎて、崩しているケースもあります。
冷たい物は口あたりがいいので、つい食べ過ぎ飲み過ぎになってしまい、
自覚のないまま身体にダメージを与えてしまうのです。
 
何となく身体が重い、だるい、動けないといった状態になっているのですが、
ご本人は暑いから仕方がないと思い込んでいるのですね。
 
漢方には、「胃が冷えている」、「胃に熱がある」という考え方があり、
「胃熱」のある人は冷たい物を好みますが、
摂りすぎて自覚のないまま「冷え性」になり体調を崩すことがよくあります。
 

気がつかないうちに身体を冷やし、その為にむくみやめまいの症状がでて、
病院に行っても良くならない・・・という状態に。
原因は「冷え」と「水分代謝の悪さ」なので、温めて余分な水毒を取ることが必要です。
 
imagesBC5ESI0N
 

冷え取り漢方は身体を芯を温めて、代謝も改善していきます。
お飲みになられた方からは、「何か調子がいい」とおっしゃっていただき、
継続するうちに、めまいやむくみが軽くなっている方が大勢おらっしゃいます。
症状がきつい場合はプラスして、一時水毒を取る漢方を足すと改善が早まります。
 
日頃の生活習慣の見直しも大切です。

・肉魚などタンパク質と野菜を不足しないように食べるようにする

・冷たい飲み物から温かい飲み物にする(水は控えないほうがいいですが)

・運動をして汗を流す 入浴はゆっくりつかる

・夜ふかしは控える

夏バテしないように健康にお過ごしください。
 
冷え取り漢方について詳しくはこちら≫
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ