寒い季節の乾燥肌 | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

寒い季節の乾燥肌2013/1/28更新

寒い時期は、「冷え」と共に「乾燥肌」が目立ってきます。
乾燥がひどくなると、ムズムズ痒い乾燥肌に。
特にアレルギー体質があると、痒みと乾燥がひどくなります。
 
乾燥肌の原因は、冷えからくる血行不良と空気の乾燥。
身体は寒くなると皮膚表面の血管を収縮させて熱が逃げないようにしているので、
皮膚に必要な栄養が運ばれなくなります。
代謝も低下するため肌は乾燥し、もともと乾燥気味の方はトラブルをおこしやすくなります。
空気の乾燥が拍車をかけます。
水分がどんどん蒸発すると、肌の老化も招きます。
 
images[1]
 
Cさんは肌が少し弱めで、肌のムズムズに悩まされてきました。
スキンケアは敏感肌に合わせた手入れされてきましたが、
冬のある時、肌の乾燥がとてもひどくなってしまいました。
おそらく乾燥からくるムズムズなのでしょう。
また、以前から疲れやすいと訴えておられました。
 
そこでスキンケアと一緒に、冷え取り漢方をお試しいただくことにしました。
10日後に、Cさんから電話があり、
「肌がしっとりして気持ちがいい。疲れにくくなったみたい。」
続けてみたいとおっしゃられました。
 
乾燥肌の方は、身体を温め血液の巡りを良くすることで、
肌がしっとりして改善することがよくあります。
また免疫力が高まるので体調も良くなります。
スキンケアだけでなく、身体の内も見直されるといいでしょう。
 
炎症のひどい方や強い薬で抑え込んでいた方は、
いきなり身体を温めると、毒だしが一気に進み、
一旦赤み、痒みが強くなることもありますので、注意が必要です。
相談をしながらじっくり取り組んでいきましょう。
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ