長年のアトピー性皮膚炎を自然治癒力を高めて改善 | 冷え性・不妊漢方の吉兆堂薬局

長年のアトピー性皮膚炎を自然治癒力を高めて改善2014/4/11更新

Tさんが初めて来店されたのは3年前でした。
 
imagesWUAY3E8Y
子供の頃アトピーで、その後肌の調子が落ち着いていたのに、ここ数年また調子が悪くなられたのこと。
薬を塗れば肌の赤みや痒みは一旦は治るが、止めればすぐに戻ってしまう、
その繰り返しに不安を感じておられました。
 
西洋の塗り薬は一旦は治まるのですが、根本から治しているのではありません。
自らの自然治癒力があれば、肌トラブルは自然に治るもので、
塗り薬は一時的に症状を抑えてくれるものです。
薬で抑えている間に、自分の自然治癒力で治していくものです。
 
なかなか治らないのは「自然治癒力」が落ちているからで、
その原因には胃腸の弱り、食の乱れ、暴飲暴食、ストレス、化学物質などが考えられます。
 
西洋薬は化学物質であり、身体を冷やすので、長期に使い続けると治りづらくなってくるのです。
 
アトピーだけでなく皮膚病は体内の老廃物が皮膚を通して排泄されている現象なので、
免疫力(病原菌などの身体にとっての異物を排泄する力)を調えて、排泄力をつけることが大切です。
 
長年のアトピーを治すのは、確かに簡単ではありません。
T さんの場合も30代の働き盛りで、身体の負担やストレスは相当ありました。
お身体と肌の状態に合わせて慎重に進めていきました。
しかし塗薬から上手に離れて、途中から身体の芯を温めて排泄力を高める漢方で継続したところ、
いつもならひどくなる時期に、悪化しないで落ち着くようになってきました。
お身体も元気になられてきました。あともう少しですね。
 


温参霊お試しのお申し込み 冷え性のご相談は吉兆堂薬局まで
サブコンテンツ